(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年08月05日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

柏原市峠 地蔵堂


大阪府柏原市峠にある「地蔵堂(じぞうどう)」です。「延命地蔵」との名もあるようです。

峠八幡神社(とうげはちまんじんじゃ)」の石段脇にあります。

真っ直ぐ王寺方面に向かうと奈良県生駒郡三郷町立野南に鎮座する「龍田大社(たつたたいしゃ)」に向かうことになります。

石造 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)坐像

この場所は、江戸時代の亀瀬越奈良街道(かめのせごえならかいどう)雁多尾畑(かりんどばた)の「光徳寺(こうとくじ)」に通じる道が分岐する所です。

道標には「松谷御堂是ヨリ 六丁」と刻まれ。石●●の下に建つ辻堂には石造の地蔵菩薩(じぞうぼさつ)が安置されています。

この像は花崗岩を浮き彫りしたもので、よく見られる立像の声聞形像とは異なり、座像になっています。

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)は反花を伴う蓮台の上に半跏趾座し、左手の拳に如意宝珠を載せ、持物のない右手は膝に垂下し、東部は長楕円形で、眉は鋭く、目・鼻・口の表現は整っています。

製作の年代は刻まれていませんが、こうした半跏趾座像は鎌倉時代以降に広まるといわれ、技術的にも秀でていることから、鎌倉時代末から室町時代初期の造像と考えられています。

また延命地蔵として今でも広く信仰されています。

二千八年三月 柏原市教育委員会』