(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2011年07月06日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

柏原市青谷 大門所地蔵尊


大阪府柏原市青谷にある「大門所地蔵尊(だいもんしょじぞうそん)」です。

青谷を登り出すと最初に出会う地蔵尊が「谷尻地蔵尊(たにじりじぞうそん)」です。

今日の目的である青谷に鎮座する「金山彦神社(かなやまひこじんじゃ)」と雁多尾畑(かりんどばた)に鎮座する「金山媛神社(かなやまひめじんじゃ)」にたどり着く前に大収穫です。


『石造 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)立像(りつぞう)

大門所地蔵尊(だいもんしょじぞうそん)

この像は青谷のヤモメ塚古墳(つかこふん)出土と伝えられる家型石棺(いえがたせっかん)蓋石(ふたいし)浮彫(うきぼり)されたもので、石材は兵庫県竜山(たつやま)産の凝灰岩(ぎょうかいがん)です。

蓋石(ふたいし)は、長さ約1.8m、幅約1m、厚さ約30cm、像高は約1.1m、蓮台高は約25cm。

像容(ぞうよう)は右手に市内では珍しい五輪塔(ごりんとう)彫出(ほりだ)した錫杖(しゃくじょう)、左手に宝珠(ほうじゅ)棒持(ぼうじ)した声聞(しょうもん)立像形(りつぞうけい)

僅かに浮出した頭光、頭部と身体の自然な比率、美しいプロポーションなどが特色です。

像の両側に刻された(めい)には「正和二発丑年十二月十●●未●之」とあり、鎌倉時代末期の1313年に造像(ぞうぞう)されたことがわかります。

千九百九十年三月

柏原市教育委員会』


有意義な参拝です。


関連情報レポートリンク