(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年10月31日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市東成区神路 屋敷神


大阪市東成区神路の「屋敷神」の跡といえばよいのでしょうか。

神様を祭るのは良いと思うのですが、祭った以上はきちんとしておかないと、結果的に良くないと思うのですが、大阪府下の神社は結構な数を回ってきましたが、大東市野崎の「臍の王神社本宮」と枚方市津田東町に鎮座する「土山神社(どやまじんじゃ)」が気になりました。

他にも数例はありましたが、掃除などの手入れは行き届いています。

どうやら工場などの敷地に祭られていた神様が、駐車場になったために露出してしまったような感じであるのですが、撤去を躊躇らったということでしょうか。

それにしても、この荒れようは良くないですね。

祀られていた祭神もまさかの驚きなのでしょうか。

私はよく解りませんが、日本には祟ることで神が恐れられていたという説明も読んだことがありますので、どうなのでしょうか。

この状況では神様でなくとも居心地も悪いと思いますし、思い切って撤去することか、綺麗に手入れをすることが必要であると思います。

さもなければ、困ったことが降って沸いたりしないのでしょうか。

神様は願い事を聞き入れてくれると思っているのは大間違いで、祟られるのを避けるために丁重に扱っていたような歴史的背景も知っておかなければ、何の力もなさそうな天皇と言う制度が延々と継続している理由がないと主張する学説もあるようです。

イスラム教などでは、コーランを粗末に扱うともっとひどいめに合うこともありますが、元に鎮座していた神様はどなたなのでしょうか。

神鏡などの神器なども無くなっているようです。

私は祟りがあるなどと言う気は毛頭ありませんが、きちんと手入れする必要があることは確かなようです。


関連情報レポートリンク

【大阪市東成区 神社一覧】