(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年09月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市服部川 禅宗 護法山 神宮寺


八尾市服部川の「禅宗 護法山 神宮寺(じんぐうじ)」です。

河内西国第十八番霊場になっています。

河内西国霊場」のホームページでは臨済宗の「神宮禅寺(じんぐうぜんじ)」となっています。

但し、門前の石標には「禅宗 神宮寺(じんぐうじ)」と彫られています。

案内図では服部川駅から説明されていますが、八尾市服部川に鎮座する「楠稲荷大明神(くすのきいなりだいみょうじん)」を見つけて池の真ん中の橋を渡って上を見たときに車が左から右へ走り抜けたので、池の堤を行かなくても道があると思って坂を上がってきたのですが、走り抜けたはずの車が止まっています。

右へ行く道を探す前に寺への来客が門を開けて入って行きました。

どうやら来客が車を止めたのだと理解して、門の彫刻を見ていたら、窓が開いて「はよ中へ入って、鍵開けたやろ」と言われたのですが、「お客さんは先に入りましたよ」と応えて、位置と道を確認するために周囲を見回していたら、怪しまれたのか「ジーッ」と視線が離れません。

「右(南)へ行きたいのですが、行き止まり?」と質問して「北へ行って上か下からしか道が無い」と応えて窓を閉めてくれました。

門に仁王様の彫刻があるので写真を撮ろうとしていたので、しばらく周囲を見て回りましたが、結局元の「楠稲荷大明神(くすのきいなりだいみょうじん)」の池の堤防沿いに行くのが早いと判断しました。

そうなると信貴山口駅まであっという間なので、少しでも下りになる信貴山口からここへ来る方が服部川から登って来るよりも楽かもしれません。

河内西国霊場」回っている方は迷わずにたどり着くのでしょうか。


関連情報レポートリンク