(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年09月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

寝屋川市高宮 通称 大蛇の井戸


寝屋川市高宮にある「通称 大蛇の井戸」です。

「おろちのいど」と読むのでしょうか、まさま「だいじゃのいど」とは読まないような気がします。

寝屋川市高宮に鎮座する「高宮神社(たかみやじんじゃ)」から同じく鎮座する「大杜御祖神社(おおもりみおやじんじゃ)(奥の宮)〔高宮廃寺(たかみやはいじ)跡〕」に久しぶりに行ってみようといつも利用しない道を通って遭遇しました。

『通称 大蛇の井戸

名称のいわれは詳らかでない。

沿革は古く、玉松寺の創建の頃と思われる。

氏寺高宮廃寺(たかみやはいじ)の守護神としての氏神大杜御祖神社(おおもりみおやじんじゃ)、この神社のご祭神天萬玉命(あめのよろずたまのみこと)と高宮神社(たかみやじんじゃ)のご祭神天剛風命(あめのこかぜのみこと)とは親子の神様である。

高宮廃寺(たかみやはいじ)は、氏の没落で室町時代末頃に伽藍崩潰し遂に法灯が消えた。

同寺の僧侶は縁ある高宮神社(たかみやじんじゃ)の横に移り玉松寺なる庵を結び明治初期の()廃仏毀釋(はいぶつきしゃく)まで、この両社寺を守護した玉松寺跡の現社務所を今に宮寺と言うのはこの為である。

昭和三十年代上下水道普及までの長年月間、小字一方町(こあざいっぽうちょう)地域の人々の共同井戸として使われてきた。

この度、歴史的文化的遺産の井戸として護持すべく村が譲り受けて維持管理することとなった。

元来、素彫掘の井戸であったが崩潰を防ぐため市は井戸杵「」を入れ村は井戸館とポンプを新設して村人一般の使用に供することとなった。

湧水は豊で清涼である。

平成七年九月吉日

大字高宮

共有財産管理委員会』

「史跡」に分類してもまちがいなさそうです。

道を変えると意外な発見があります。

いつも通っている道ばかりでは無くいろいろな道を通ってみませんか、怪しまれないような恰好をしてというのが大前提です。


関連情報レポートリンク