(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年08月07日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

羽曳野市飛鳥 飛鳥戸神社


羽曳野市飛鳥に鎮座する飛鳥戸神社(あすかべじんじゃ)です。

羽曳野市壺井に鎮座する「壺井八幡宮(つぼいはちまんぐう)」からひと山越えたら平になると思っていたのですが、上ノ太子駅付近からまた登りきって道を1本違えたために見えているのに大きく回り込んで辿り着くことになりました。


飛鳥戸神社(あすかべじんじゃ)

飛鳥戸神社(あすかべじんじゃ)は、飛鳥上の(だん)の一角に鎮座する延喜式内(えんぎしきない)名神大社(めいしんたいしゃ)であり、雄略朝(ゆうりゃくちょう)に渡来伝承をもつ百済(くだら)飛鳥戸造(あすかべのみやっこ)一族の祖神である「飛鳥大神(百済(くだら)の●●王(こんきおう))」を祭っている。

平安時代初期には、子孫にあたる百済宿祢(くだらのすくね)御春朝臣(みはるのあそん)たちの働きかけにより、貞観(じょうかん)元年(859)八月に無位から正四位下を授けられ、翌二年十月に「官社」に列し、元慶(げんちょう)四年(880)八月には春秋の祭礼費として神領田1町が支給されている。

現在の本社は、南面の1間社桧皮葺(ひわだぶき)の流造りで、美しい姿を留めている。』


地形図上に観音塚古墳(かんのんづかこふん)というのを発見したのですが、二度とこの辺りにこないような気がして見に行くことにしたのですが、せっかく降った道をまた登ることになり大汗をかいてしまいました。

飛鳥新池という池もあるのですが灌漑用なのでしょうか、桜の木が池畔に沿って植わっていますので桜の季節が訪問するには良いかもしれません。

地図で見ると鉢伏山という標高211mの山頂までの道はなく行き止まりのようなのですが、結構な人数が下ってきました。

ベビーカーを押した人までいたのですが一体何だったのでしょうか。

この神社は飛鳥川経由の竹ノ内街道へアクセスする街道沿いにあったのでしょうか。

柏原から竹ノ内街道へアクセスするにはこちらの方が一山越えずに来られそうです。


関連情報レポートリンク

【羽曳野市 神社一覧】