(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年07月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

富田林市宮町 美具久留御魂神社〔喜志の宮さん〕


富田林市宮町に鎮座する美具久留御魂神社(みぐくるみたまじんじゃ)です。別称は、「喜志の宮さん」と呼ばれています。

広大な境内地を保有していますし、「大阪みどりの百選」の碑も立っています。

低学年と思われる女の子二人が手をつないでお参りに鳥居をくぐって行ったのが微笑ましく思えました。

一度でレポートする事は難しそうなのでいくつかに別けて紹介します。


美具久留御魂神社(みぐくるみたまじんじゃ)

当社は大国主命(おおくにぬしのみこと)を主神とし、左に天水分神(あめのみくまりのかみ)弥都波迺売神(みずばのめのみこと)、右に国水分神(くにのみくまりのかみ)須勢理比売命(すせるひめのみこと)を祭る。

社伝によれば、第十代崇神(すじん)天皇の十年、支子(きし)の森からしばしば大蛇が現れて農民を悩ました。

天皇は自ら視察して「こは大国主命(おおくにぬしのみこと)荒御魂(あらみたま)の荒ぶるなり宜しく祭るべし」と言ったという。

ところが同六十二年、丹波(たんば)の國氷上郡(ひかみぐん)氷香戸辺(ひかとべ)という者の子供が神がかりして「玉姜鎮石出雲人祭真種之甘美押羽振甘美御神底宝御宝主山河之水泳御魂静挂甘美御神底宝御宝主也(たまものしずしいずもひとのいのりまつるまたねのうましかがみおしはふるうましみかみそこたからみたからぬしやまかわのみくくるみたましずかかるうましみかみそこたからみたからぬしなり)」という神託があり(日本書紀)、天皇は直ちに皇太子活目尊(いくめのみこと)を遣わして当社を祭らせたといわれている。

以後歴代天皇の崇敬厚く、中でも文徳(もんとく)天皇は嘉称三年(850)(かしょう)に神階従五位上(しんかいじゅうごいのじょう)を特授し、「延喜式(えんぎしき)」には五川郡九社のうちに列記された。

また河内二の宮、石川郡総社とも称された。

楠正成は上水分社(かみ)と共に当下水分社(しも)を崇敬し、神領寄進や社殿造営を行っている。

一方、平安末頃から神宮寺が神域に建立され、一度は兵火に遭いながらも復興し、室町末には下之坊(しものぼう)をはじめとして11坊を擁する神仏の霊地となっていたが、天正十三年(1585)に、豊臣秀吉の根来寺(ねごろじ)攻めの兵火に焼かれ、神宮寺は再び建つことはなかった。

万治(まんじ)三年(1660)に、75年ぶりに社殿の造営がなり社頭はほぼ旧に復した。

その後200年間は僅かに民間の信仰によって社頭を支えていたが、明治時代に入り、近郷五箇村の氏神として郷社に列せられ、現在に至っている。』


なんとも歴史のある神社なのですが、大和川を南下して訪問した神社は東大阪市出雲井町に鎮座する河内一の宮の枚岡神社(ひらおかじんじゃ)は別にして東大阪市や八尾市などの平野部の神社とは若干印象が異なります。

八尾市恩智中町に鎮座する「恩智神社(おんぢじんじゃ)」が河内二の宮だと思っていましたが、こちらでもそういう話があるということを知りました。


関連情報レポートリンク

【富田林市 神社一覧】

    【富田林市地域】

  • 美具久留御魂神社〔喜志の宮さん〕(富田林市宮町)

  • 錦織神社(富田林市宮甲田町)

  • 春日神社(富田林市彼方)

  • 金刀比羅神社(富田林市嬉)

  • 佐備神社(富田林市佐備)

  • 板茂神社(富田林市西板持町)

  • 咸古神社(富田林市牧野阪)

  • 龍神社(富田林市宮町)