(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年05月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

門真市宮野町 史跡 茨田堤


大阪府門真市宮野町の「史跡 茨田堤(まむたのつつみ)(まんだのつつみ)」です。

他にも「まむたのつつみ」や「まったつつみ」と書かれていた場所もありますし、微妙に違うようです。

いずれにしろ、門真市宮野町に鎮座する「堤根神社(つつみねじんじゃ)」本殿裏面に接して存在しています。

立派な楠に圧倒されます。


『伝茨田堤(まむたのつつみ)(まんだのつつみ)(府指定史跡)

茨田堤(まむたのつつみ)」は、「古事記」「日本書紀」に記述がみられる記録に残る最古の堤防と言われています。

「日本書紀」の説話によると、仁徳天皇の時代(五世紀)に淀川の洪水を防ぐために治水工事がおこなわれ、当時の最先端技術であった渡来人の土木技術を用い、難工事の末堤防を完成させたと伝えています。

また堤防跡から古墳時代(五世紀後半)の須恵器が出土していることから、この堤防跡こそ現在唯一地上に残る「茨田堤(まむたのつつみ)」の遺構と推定され、堤根神社(つつみねじんじゃ)を挟んで東西542.97mが大阪府の史跡に指定されています。

茨田堤(まむたのつつみ)の完成により田地は一挙に拡がり農地は安定し、茨田屯倉(みやけ)が設置されました。

門真市域では、五世紀後半に集落が形成され「元町遺跡(もとまちいせき)(元町)、六世紀には河内の低地では最大級の円墳」や「普賢寺古墳(ふけんじこふん)(墳丘径約30m・幸福町)」が築造されるなど、大きな発展をみることができます。

平成二十年十月

門真市教育委員会』


道を挟んで石製の樋門が囲われています。

これも文化財になっていくのでしょう。

以前から再訪しようと考えていたのですがやっと実現しました。

次回は「普賢寺古墳(ふけんじこふん)(墳丘径約30m・幸福町)」を訪問する必要がありそうです。