(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年04月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市西淀川区大野 史跡 判官松伝承地


大阪市西淀川区大野の「史跡 判官松伝承地(ほうがんまつでんしょうち)」です。

道をはさんで「大野せせらぎの里」という緑地も整備されているようですが、この石標のある場所はなかなかたどり着けないような気がします。

大和田西交差点から南西の大野下水処理場の北の角にひっそりと立っています。

判官松伝承地(ほうがんまつでんしょうち)

源平の戦いのあった元暦二年(1185)二月十六日に平家追討のために大物の浦(尼崎市)から屋島に向けて軍船を出した九郎判官義経(源義経)が、折からの突風のために大和田の浦(西淀川区大和田)に漂着しました。

そこで当時の住吉神社(すみよしじんじゃ)〔大和田住吉神社〕に海上安全を祈願し、再度軍容をたてなおして十八日未明に順風を利用して四国に向かいました。

このときの由縁の松を判官松(ほうがんまつ)といい、義経の判官松(ほうがんまつ)とも手植えの松とも呼ばれて植えられています。

その時、判官松(ほうがんまつ)は樹容壮麗となり西●の名勝として●近に知られるだけでなく、淀川尻の指標として船人の●しむところとなりましたが、惜しいことに明治十年の落雷によって消失してしまいました。』

この辺は島が徐々に引っ付いて大きくなっていったという場所なのでしょう。

最近では水路や運河や川を埋め立てているようです。

そういえば住吉神社(すみよしじんじゃ)〔大和田住吉神社〕にも同じような伝承があったような記憶があります。