(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年05月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市淀川区東三国 蒲田神社


大阪市淀川区東三国に鎮座する蒲田神社(かまたじんじゃ)です。公式HPはこちらです。

本殿裏には「蒲田千年楠」が凛と巨大な影を作るように立っています。

それよりも驚いたのが切り株の上に祠が乗せてある、巨大な御神木の切り株です。


蒲田神社(かまたじんじゃ)由緒略記

宇賀御魂神(うがのみたまのおおかみ)は伊勢の外宮(豊受大神(とようけのおおみかみ))または稲荷大神と異名同神で、五穀をはじめ食べ物や衣服のもととなる蚕や屋船(建造物)など、衣食住を司り守護されます。

別雷神(わけのいかづちのおおかみ)は京都賀茂別雷神の御名を(上賀茂神社(かみがもじんじゃ))とも申し土地開拓守護と雷の御神威により火鎮の厄除守護神と仰がれています。

祭襠日

春まつり 四月二十四日

秋まつり 十月二十四日』



別雷神(わけのいかづちのおおかみ)勧請の古伝は

人皇第六代円融天皇の天禄年間、社伝に依ると藤原時代前期天禄の頃、播州室明神は京都の上賀茂の社の御分霊をお迎えし、播州の国へと船旅にて当地通過の臍、つむじ風に遭遇のため、当社で「風待ち」をされた。

その御縁で当地にも勧請申し上げお祭祀申したとここに伝える。』



『御社名と地名、そして大樹の杜

足利時代(南北朝)に入って、当地を仏生院の村と称し、当社は(あざ)(むろ)にあり、「室の社(むろのやしろ)」と、また「稲荷社」とも呼ばれていた。

明治に入り明治四十二年より大字・蒲田の字から「蒲田神社(かまたじんじゃ)」と号す。

現在も元気に茂る千年楠(樟)の大樹

樹齢千年と伝える一株と六百数十年の株、他、数百年の樹々が繁茂して、室を覆い昼なお暗い境内であったと言い伝わっています。』


さまざま情報満載です。

切り株はかなり巨大です。


関連情報レポートリンク

【大阪市淀川区 神社一覧】