(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年04月28日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

枚方市車塚 史跡 牧野車塚古墳と車塚公園


枚方市車塚にある「国指定史跡 牧野車塚(まきのくるまづか)古墳」と「車塚公園(くるまづかこうえん)」です。

枚方市小倉町に鎮座する「粟倉神社(あわくらじんじゃ)」から移動をはじめたのですが、自分の位置を見失ってしまいました。

図書館を発見したのですが、地形図の位置とは一致しなくて困りました。


牧野車塚(まきのくるまづか)古墳(国指定史跡)

穂谷川(ほたにがわ)左岸に臨む交野台地上の標高約22m付近に立地する前方後円墳です。

墳丘は二段筑成で、全長107.5m、後円部54.5m、前方部幅44mを測ります。

主軸線をほぼ東西にとり、前方部を東に向けています。

周囲には、幅10mほどの空濠(からほり)をめぐらせ、さらに西側から南側にかけて外堤(がいてい)が設けられています。

葺石(ふきいし)は認められず、かつては埴輪(はにわ)が散乱していたようですが、今は見られません。

昭和五十三年の後円部側外堤西側の発掘調査で、幅四~五m、深さ二十~三十cmの(ほり)の痕跡が確認され、築造当時には、二重濠であったことが判明しました。

主体部の構造や副葬品の内容は不明ですが、墳丘の形状から五世紀前半代の築造と考えられます。

なお、付近には、赤塚(あかつか)権現塚(ごんげんつか)子供塚(こどもつか)、ショーガ塚等の地名が知られており、かつては牧野車塚を盟主墳(めいしゅふん)が形成されていたと思われます。

二千四年三月 枚方市教育委員会』


地形図にはない「輝きプラザきらら」なる建物の西側に「国指定史跡 牧野車塚(まきのくるまづか)古墳」はありました。

最初に目に飛び込んできたのは白い花で「ハクモクレン」が4本ほど並んで満開になっていました。

道路沿いのハクモクレンや桜の木はもう少し時間がかかりそうな時期でしたが、桜も見事であろうということは想像できます。

気になったのは、いくらでも広い場所は別にあるのに「空濠(からほり)」で野球をする孫とじいさん、ばあさんです。

古墳はお墓という意識がないのでしょう。

残念な事です。

P.S. 2010年07月11日

2010年7月の参議院選挙前に「パワースポット」などと適当な事を書いてこの古墳を紹介しているブログでしょうか、ヒットした記憶があるのですが、適当な事を言ったり書いたりするんではないと叱責したい気持ちです。

馬鹿が法螺(ほら)を吹いているとはこのことですが、それを無頓着に受け入れる連中も同類でしょう。


関連情報レポートリンク