(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年04月16日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市北区松ケ枝町 史跡 泉布観


大阪市北区松ケ枝町の桜宮橋西詰の北側の造幣局の向かいにある「史跡 泉布観(せんぷかん)」です。

どこかで、近々に補修工事に入るので工事前の最後の公開と書いてあったような記憶があります。

通称「銀橋」からこの建物が見えてきていたのですが、なんと大勢の人が見学に並んでいます。

泉布観(せんぷかん)

この建物は明治四年、造幣局の応接所として建てられたもので、日本でもっとも古い洋風建築の一つである。

周囲に石柱で支えられた広縁をめぐらしたこの形式は、コロニアル式建築様式を取り入れており、高温多湿の日本の気候を考えて設計されている。

室内には古典的な照明具、暖炉、化粧鏡などが備えられ、シャンデリアの光源も現在は電灯に切り換えられているが、器具は全部ガスランプ時代のものである。

設計者は英国の建築技師ウォートルス。

泉布の名は貨幣を意味し、明治五年、明治天皇によって名付けられた。

創建以来明治末年までは皇室や外交施設の宿所・休憩所として利用されてきたが、大正六年宮内庁より大阪市に移管され、昭和三十一年には重要文化財の指定を受けている。

大阪市教育委員会』

横にある煉瓦作りの建物は時代を感じさせるものですが、「史跡 桜宮公会堂玄関(さくらのみやこうかいどうげんかん)【旧造幣寮鋳造所正面玄関】」で、結婚式などに利用されるということです。