(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年04月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市中央区神崎町 史跡 朝日神明社跡〔坂口王子伝承地〕


大阪市中央区神崎町の南大江公園にある「史跡 朝日神明社(あさひしんめいしゃ)跡(坂口王子(さかぐちおうじ)伝承地)」です

インターネットの情報では、この石標と狸坂大明神(たぬきざかだいみょうじん)が別の場所にあるような印象であったので、探して回りました。

もう少しはっきりと調べておくべきであったと思います。


朝日神明社(あさひしんめいしゃ)跡(坂口王子(さかぐちおうじ)伝承地)

朝日神明社(あさひしんめいしゃ)は、天慶(てんぎょう)年間(934 - 947)に平貞盛(たいらのさだもり)が創建したという。

天照皇大神(あまてらすおおみかみ)倭比売命(やまとひめのみこと)を祭神とし、朝日の社名は祭神の天照皇大神(あまてらすおおみかみ)にちなむとも、社殿が東面していたためとも考えられている。

熊野王子(くまのおうじ)のひとつの坂口王子(さかぐちおうじ)の伝承地である。

当社は逆櫓社(さかろのやしろ)とも称されたが、これは源平合戦の際に、源義経と梶原景時が櫓のつけ方について論争したことに由来する。

江戸時代の難波二十二社巡りのうち一社である。

明治四十年(1907)三月までこの神崎町に鎮座していたが、現在は此花区春日出中(朝日神明社(あさひしんめいしゃ))に移座している。

旧地には狸坂大明神(たぬきざかだいみょうじん)が鎮座している。

大阪市教育委員会』


此花区春日出中に鎮座している「朝日神明社(あさひしんめいしゃ)」がこの場所から移座していたという情報は、『朝日・日中・夕日の浪速三神明の一つとして有名であった朝日社(あさひしゃ)(東区神崎町)と皇太神社(こうたいじんじゃ)(此花区川岸町)を合祀したものである。』という由緒書きの「朝日社(あさひしゃ)(東区神崎町)」のことのようです。

南大江公園の東側の道を南へ向かうと中央区安堂寺町に鎮座する「榎木大明神(えのきだいみょうじん)」にたどり着きます。


関連情報レポートリンク

【大阪市中央区 神社一覧】