(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年04月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市西久宝寺 久宝寺緑地の桜


久宝寺緑地は、大阪府東大阪市の南西部、大阪府八尾市の西部と若干ですが大阪市平野区にまたがる大阪4大緑地(服部・鶴見・大泉・久宝寺)のひとつです。

ここに桜の木あるのは記憶になかったのですが、八尾の「下の太子〔大聖勝軍寺(だいせいしょうしょうぐんじ)」に向かう途中に通り道ですので立ち寄って見ました。

桜の花が綺麗に咲いていて、春休みの子供たちを連れたお母さん達が終結していました。

真っ赤とも思える桜の木が華やかに満開を過ぎたような状態で咲き誇っています。

私が妻に見せたかった「寒緋桜(かんひざくら)」でしょうか。

本当に見事に咲いています。

私は、公園などの樹木や草花などの植物にも説明文までは無理としても、名札くらいつけて欲しいと思います。

せっかく楽しめても「あれ何やったかな」では、何にもなりません。

学校教育云々は申しませんが、社会教育としてはこのようなちょっとした事に配慮することが最も重要であると思います。

費用は掛かっても、歴史や由来が書かれていると思わず読んでしまう人も少なくないでしょう。

そのようなことを知っていることが知識であるとは言いませんが、知らないよりも楽しめることは間違いありません。

いずれにしても、この緑地は結構人気があるのですが、車が入ってこないので子供たちが安全に遊ぶこと我できるからでしょうか。

桜の木に混じって花の終わった木があちらこちらに見受けられました。

梅ではなさそうなのですが、私は桃の木かなと思いました。

名称が解るともっと楽しめるのですがどうなのでしょうか。

2010年3月27日に「花博記念公園鶴見緑地」で名前が判った「ユキヤナギ」の小さな白い花があちらこちらで咲き誇っています。

人によっては別の楽しみも出きるのではないでしょうか。


関連情報レポートリンク