(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年03月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

枚方市岡山手町 坊主池公園と「寒緋桜」


京阪電車の枚方市駅から「意賀美神社(おがみじんじゃ)」に向かっているつもりが、どんどん山を登っていることに気がつきました。

本当に枚方市は平地ではなく山地に住んでいるのだと実感しました。

大昔に牧野という場所で交換機の設計の為に現場調査に来たことがあるのですが、その時も山の上にあったような記憶があります。

ここから先は急坂という手前に「寒緋桜(かんひざぐら)」の木が並んでいて、六分から8分咲になっているのが眼に飛び込んできました。

なんともこれは見ておかないということで、自転車を止めたら、「坊主池公園」と彫られた石がある公園の入り口でした。

池もあり整備されている公園ですし、2010年3月14日の日曜日でしたので結構な人数の人が訪れていました。

これだけの本数の「寒緋桜(かんひざぐら)」のあるところは初めてです。

一本や二本の「寒緋桜(かんひざぐら)」が真っ赤な蕾を垂らしている木のあるところは数ヶ所確認していますが、大阪の中部では私は他には知りません。

いずれにしろ赤い色に近い花の見事なことは見てのお楽しみです。

駅からこの「坊主池公園」までは、約1.5km程度でしょうか。

上りは上りですが、そう急坂でもないので歩いてくる分にはそんなに辛い道ではないと思います。

但し、自転車で登って来るには、このようなだらだらと続く上りが最も応えます。

森の宮駅から法円坂の難波の宮旧跡までの上りを自転車で上がるのが辛いのと同じような感じです。

他の花はともかく「寒緋桜(かんひざぐら)」の満開状態を見たくてしかたがないのですが、何日くらいかかるのでしょうか。

2010年3月15日に先日発見した「大阪城の桃園」を通りかかったら、暖かかったせいでしょうか、ほぼ満開に近くなっていました。

桃園と言うと、私が訪問した事のあるのは「京都御苑 京都御所」くらいしか記憶にありません。

寒緋桜(かんひざぐら)」は私の記憶では同じくらい少ないことは確かです。

花が終わってしまっているのかも知れませんね。