(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年03月13日日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市中央区石町 史跡 八軒家舩着場の跡


大阪市中央区石町の「史跡 八軒家舩着場の跡」です。船着場という漢字ではありません。

永田屋昆布本店の玄関脇にたっていて、銘板や他にも史跡が残されています。

ボーッと歩いていると見落とすというか、史跡ではなく店の一部にしか感じられないかもしれません。


『この地は江戸時代には八軒家と称し淀川を上り下りの三十石舩の発着場として、さらに古くは渡辺といい紀州熊野詣での旅人び上陸地として栄えた。

また大江山の鬼を退治したといわれる渡辺綱は、この地を支配した摂津源氏一族の出身であり「地獄門」で知られる遠藤盛遠が袈裟御前を見初めたのもここに架けられた渡辺橋の渡り初めの時のことと伝える。

楠正行がこの橋からなだれ落ちる敵兵を掬いあげ衣料を与えて国へ帰してやったという美談は明治初年わが国が万国赤十字に加盟のときに伝えられて感銘を与えた。

昭和四十年 牧村史陽識』


なんとも時代がかった物語が金属板に射込まれて掲げられています。

店の横が駐車場になっていて、店の建物裏の石垣が見えます。

この場所が石垣から20mほどの位置にあるので昔は川がこの辺まであったということでしょう。

いずれにしろ、淀川が毛馬で付け替えられるまではこの辺りが本流と寝屋川の合流点で賑わったという証拠でしょう。

都島区片町の「史跡 京橋川魚市場跡」からは数百メートルしか離れていません。