(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年02月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

史跡 平野環濠都市遺跡と平野濠十三口


平野区平野宮町に鎮座する「杭全神社(くまたじんじゃ)」を北の守り神としているのでしょうか。

「史跡 平野環濠都市遺跡」は、堺市や八尾市の久宝寺と同じような寺社を中心とした町民の自由都市であったのでしょうか。

『もともと平野は平野川の水運を利用して、河内・摂津をまたぐ交通の要衝の地であったが、南北朝から戦国時代にかけて戦乱に巻き込まれたことから、自衛のため濠を巡らした自治都市として発展した。その繁栄ぶりはイエズス会宣教師ルイス・フロイスの書翰にも書きとどめられている。現在の町割りは大坂夏の陣による焼亡後、1616(元和2)年に末吉家によって行われたといわれている。自治のシンボルである濠は、現在、杭全(くまた)神社と平野公園に一部をとどめるばかりであるが、発掘によって少しずつ豊かな都市の生活ぶりが明らかになりつつある。』

平野環濠都市遺跡 平野濠十三口

平野環濠都市遺跡
現在の口付近 平野濠十三口 周囲情報
社内入口 社内入口 杭全神社(くまたじんじゃ)への参詣口
泥堂口地蔵堂
【平野上町2-1】
泥堂口(でいどうぐち) 十三口の中でも重要な出入り口。奈良街道大阪、天王寺方面、亀瀬奈良街道へ
馬場口地蔵堂
【平野上町1-5】
馬場口(ばばぐち) 亀瀬奈良街道 大念佛寺参詣道
小馬場口地蔵堂
【平野上町1-13】
小馬場口(こばばぐち) 今川、杭全方面、大念佛寺参詣道
田辺道西脇口地蔵堂
【平野本町1-12】
田辺道西脇口(たなべみちにしわきぐち)
(田辺道)
田辺道
西脇口口地蔵堂
【平野本町4-5】
西脇口(にしわきぐち)
(堺道)
堺口からの道と合流し住吉を経て堺へ
堺口地蔵堂
【平野本町4-3】
堺口(さかいぐち)
(堺道)
堺口からの道と合流し住吉を経て堺へ
流口地蔵堂
【平野本町5-9】
流口(ながれぐち)
(高野道)
中高野街道
田畑口地蔵堂
【平野東3-2】
田畑(たばたぐち)
(大和郷道)
葛井寺、道明寺から大和方面
出屋敷口地蔵堂
【平野東2-5】
出屋敷口(でやしきぐち)
(大和郷道)
葛井寺、道明寺から大和方面
樋ノ尻口地蔵堂
【平野東1-8】
樋ノ尻口(ひのしりぐち) 大和河内信貴山道・柏原国分道方面、八尾街道、立石街道、信貴越街道。亀瀬奈良街道へ
市ノ口地蔵堂
【平野市町3-7】
市ノ口(いちのぐち) 亀瀬奈良街道、立石街道、信貴越街道
河骨池口地蔵堂
【平野宮町2-8】
河骨池口(こおのいけぐち) 大和河内信貴山道・柏原国分道方面、放出街道、鶴橋街道、柏原船時代は舟着き場へ

案内図が北が上でないので解りにくかったのですが、平野川の向こう岸である東側は河内と書いてあります。

このページは現在レポート集計中です。