(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2010年02月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市生野区勝山北 史跡 御勝山古墳と御勝山南公園


大阪市生野区勝山北にある「大阪府史跡 御勝山古墳(おかちやまこふん)」と御勝山南公園(おかちやまみなみこうえん)です。

大坂市内には他に、「茶臼山古墳(ちゃうすやまこふん)(天王寺区)」と「帝塚山古墳(てづかやまこふん)(住吉区)」が現存しています。

大阪市内でもこのあたりはJR大阪環状線の外側でもかなりの歴史の在る地域のようです。

「つるのはし史跡公園」は北へ直ぐにあります。

『大阪府史跡 御勝山古墳(おかちやまこふん)

上町台地の東縁部の河内平野を望む近い丘陵上に立地する御勝山古墳(おかちやまこふん)は古墳時代中期の五世紀前半に造られた。

慶長十九から二十年(1614-15)の大坂の陣で徳川方の本陣が置かれたため、著しく墳形が破壊され今は後円部が残っているだけである。

昭和四十八年(1973)の発掘調査で埴輪や葺石が発見された。

そして、全長約120m、濠を含めると約150mの中規模の前方後円墳であると推定されるにいたった。

昭和六十二年三月 大阪市』

以前に妻と通りかかった時に、妻はこの看板を読んでおもむろに看板の左側を覗き込んで、公園の遊具しか見えないのでなんとも言えない表情をしたので、私が右側にあると言った途端に大笑いとなりました。

道路をはさんである「御勝山南公園(おかちやまみなみこうえん)」がこの御勝山古墳(おかちやまこふん)の「前方部」になります。

公園には数々の石碑が置かれていて、「折口信夫(おりぐちしのぶ)文学碑」『小橋過ぎ、鶴橋生野来る道は、古道と思ふ見覚えのなき』(大阪詠物集のうち、「舎利寺」より)がこの写真です。

通称で舎利寺と呼ばれる「舎利尊勝寺(しゃりそんしょうじ)」はここから南へ500m程の距離にあります。


関連情報レポートリンク