(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年02月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

寝屋川市国松町 史跡 国松の弘法井戸


寝屋川市国松町にある「史跡 国松の弘法井戸(こうぼういど)」です。

同じく寝屋川市国松町に鎮座する「春日神社(かすがじんじゃ)(山王神社)」から来たのですが、なかなか見つからなくて、坂のきついこの一帯の村中を登ったり降ったりして大汗を書いて発見しました。

作に被われていて、井戸の中をうかがうことはできませんでした。

『史跡 国松の弘法井戸(こうぼういど)

江戸時代の「河内名所図会」に「三ツ井郡村の東の三ツ井村にあり、二ツ井は国松村にあり、一ツ井は高宮村にあり」と市内三箇所の名井が紹介されています。

現在残っているのは、ここ国松の井戸(二ツ井)だけです。

この井戸は「弘法井戸(こうぼういど)」と呼ばれ、地域の人々の生活用水として利用されてきましたが、これは弘法大師と清水に対する感謝の心が結びついたものでしょう。

井戸の中には四体のお地蔵様が安置されていますが、村人の健康と安全を祈願したものと思われます。

寝屋川市』

寝屋川市のホームページには「弘法井戸(こうぼういど)(打上(うちあげ)国松(くにまつ)田井(たい)・湯屋が谷)」の四つの井戸が紹介されています。

寝屋川市郡元町に「史跡 湯屋が谷弘法井戸(こうぼういど)大師堂(だいしどう)」があります。

市内には、弘法大師にまつわる伝説が残る「弘法井戸(こうぼういど)」と呼ばれる井戸が、田井(たい)国松(くにまつ)打上(うちあげ)に残っています。

弘法大師と清水といえば、私は真っ先に八尾市神立の「水呑地蔵院(みずのみじぞういん)」の境内に湧き出ている「弘法水」を思い出します。

今でも夏場にも清涼な水が湧き出しているのですが、清水よりも上部に府民の森の広場などが作られていて芝生が植えられているのが気になります。

芝生を維持するにはかなりの肥料や薬剤が使用されると聞いた記憶があるからです。


関連情報レポートリンク