(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年02月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

藤井寺市沢田 国史跡 鍋塚古墳


藤井寺市沢田にある「国史跡 鍋塚古墳(なべづかこふん)」です。

近鉄南大阪線土師ノ里(はじのさと)駅の西の線路沿いにあります。

北には第十九代允恭天皇の「允恭(いんぎょう)天皇陵」があり、西南に「仲津山(なかつやま)((ひめ))陵」があります。

「史跡 鍋塚古墳(なべづかこふん)

もとは周濠(しゅうごう)を有していた可能性のある方墳です。

埋葬施設や副葬品は明らかではありませんが、葺石(ふきいし)埴輪(はにわ)の使用が確認されています。

その中にあってこの古墳は特に目立つ規模ではありませんが、埴輪の特徴から古市古墳群のなかでは初期に築造された古墳の一つと考えられ、すぐ西側にある巨大な前方後円墳仲ツ山(なかつやま)古墳(仲津姫(なかつひめ)陵)との関係が注目されます。

なお、この古墳の周辺には沢田の七ツ塚と呼ばれた小規模な古墳が多数ありましたが、戦後の土木工事等によってつぎつぎと墳丘を失うにいたり、今日原形をとどめるのは鍋塚古墳(なべづかこふん)のみとなりました。

墳丘の一辺の長さ 墳丘部の高さ 墳丘部の標高
45m 7m T.P. 35.0m

昭和五十九年二月一日

藤井寺市教育委員貝』

それにしても、文化財の破戒を平気でする人の多いことには驚かされますが、古墳がもっとたくさんあったということでしょうか。

これだけ残っているのも大したものであると思うのですが、それにしても残念です。

ビックリするのは、隣の「仲津山(なかつやま)((ひめ))陵」のデカさです。

北側は道があって歩けそうですし、藤井寺市沢田に鎮座する「澤田八幡神社(さわだはちまんじんじゃ)」と藤井寺市古室に鎮座する「古室八幡神社(こむろはちまんじんじゃ)」から前方部へ行けそうです。


関連情報レポートリンク