(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年02月13日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

藤井寺市古室 国史跡 大鳥塚古墳


国史跡 赤面山古墳(せきめんやまこふん)」に向かう道すがら南側に見えてくるのが『国史跡 大鳥塚古墳(おおとりづかこふん)」です。

『国史跡 大鳥塚古墳(おおとりづかこふん)

国府台地(こうふだいち)の西側縁辺部に位置する前方後円墳です。

前方部は、南を向いており、幅の狭い濠が馬蹄形(ばていけい)にめぐっています。

墳丘には葺石(ふきいし)円筒埴輪(えんとうはにわ)列が認められくびれ部両側には造出しがあります。

埴輪は、円筒埴輪(えんとうはにわ)のほか、家・衣蓋(きぬがさ)・盾・(ゆき)(かぶと)形などの形象埴輪(けいしょうはにわ)があります。

これらは五世紀前葉に作られた特徴を持っており、この古墳の築造時期が推定できます。

なお、この古墳の北側には方墳の「国史跡 赤面山古墳(せきめんやまこふん)」が、南側には金堂製の馬具が出土した円墳の「丸山古墳(まるやまこふん)」が存在しています。

墳丘長 前方部 後円部 後円部頂の標高
高さ 高さ
110m 50m 6.1m 72.6m 12.3m T.P. 33.3m

南側は道路をはさんで容積では「仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)」よりも大きいという羽曳野市の「応神天皇陵(おうじんてんのうりょう)」になっているので地形図では「丸山古墳(まるやまこふん)」がよく解らなかったのですが、どうやら、「応神天皇陵(おうじんてんのうりょう)」の前方部の北側のふくらみの中にありそうです。

というかここしか存在することが出来ないと思います。

訪問する機会があれば調査しておくことにします。

いずれにしろ、近鉄南大阪線の土師ノ里(はじのさと)駅から古墳を辿って応神天皇陵(おうじんてんのうりょう)まで来ることが出来ますので「古市古墳群(ふるいちこふんぐん)」恐るべしということでしょうか。


関連情報レポートリンク