(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2010年01月21日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市永和 子守神社跡・子守地蔵尊


大阪府東大阪市永和に鎮座していた子守神社(こまもりじんじゃ)跡と子守地蔵尊(こもりじぞうそん)です。読み方は「子守(こまもり)」かもしれません。

私の生家から最も近い距離にあったかもしれませんが、石碑が建っています。

十三街道(じゅうさんかいどう)に面していて北の暗街道(くらがりかいどう)と布施で分岐して八尾市から信貴生駒山脈の十三峠を越えて奈良県の竜田川までの街道筋です。

調べてみたのですが、碑文等もありませんので、永和に存在したという「素盞鳴命神社(すさのをじんじゃ)」「産土神社(うぶすなじんじゃ)」「大歳神社(おおとしじんじゃ)」「子宮神社(こみやじんじゃ)」のどれに当たるのかは解りません。

鹿島神社(かしまじんじゃ)」が、東大阪市荒川に鎮座する「都留彌神社(つるみじんじゃ)」が元あった東大阪市足代に鎮座する「布施戎神社(ふせえびすじんじゃ)」から移転してきたことは他の情報にも出てくるのですが、よく解りません。

子守地蔵尊(こもりじぞうそん)の前に彫られている「大西本家」は西へすぐのところに今も存在しています。

そう巨大ではありませんが数百年を経過している楠木が目立ちます。

十三街道である歴史を感じさせる通りはこの場所と東大阪市上小阪に鎮座する「八幡神社(はちまんじんじゃ)」あたりに残っています。

このお地蔵さまはけっこう大きいのですが、残念ながら地蔵堂の中の戸の更に奥におられますのではっきりとは見えません。

大西本家の跡取りはボーイスカウトに来ていましたので声をかければ見せてくれるのでしょうか。

今では歴史に埋もれてしまっています。

十三街道は南東へ方向を変えるのですが、区画整理されてしまったのでしょうか、菱屋西交差点への往古の道は存在していません。

少し先を南下し菱屋西小学校(布施第六小学校)の西側に少し残っていて、上小阪へはまた道が途切れています。