(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年12月14日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

堺市北区宮本町 華表神社


大阪府堺市北区宮本町に鎮座する華表神社(かひょうじんじゃ)です。

朱に塗られた鳥居が大変目立って印象があつく目につきました。

なかなか立派な建物が境内にあるのですが、なんともビデオの電池が心細いのが気になってしまっていけません。

『由緒

社記によればすさのをは仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)九年(320年)十二月神功皇后筑紫に凱旋あり

翌年、摂津国難波に至り給ひしときに鎮座あらしめ給ひ宇賀御魂命は嵯峨天皇(さがてんのう)の弘仁元年(810年)五穀成就の為め沙門空海之を勧請し後、後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の元享元年山城国男山若宮八幡を勧請して供料三百石を寄せられ勅願所となれりと。

東光山薬師寺(やくしじ)と称する神宮寺の外、多門院、東之坊、明王院、威徳院、西之坊、乾坊、無量壽院の七僧房ありて、栄えたりしが織田(おだ)信長(のぶなが)に至り供料は没収せられて衰微せり。

明治維新後の神佛分離に際し寺は廃絶し社は同五年(1872年)村社に列せられる同四十一年(1908年)附近の数社を合祀せり。』

この附近を訪問したことはないので、地形図を頼りにたどり着いたのですが「仁徳天皇(にんとくてんのう)陵」も近くにありますし、往古の繁栄がうかがい知れる様です。

それにしても、「織田(おだ)信長(のぶなが)」と言う人は、奇人であったのでしょうか。

京都の本能寺(ほんのうじ)での焼死という数奇な運命は、数々語り継がれる奇行の由縁でしょうか。

藤井寺市、羽曳野市周辺の古市古墳群(ふるいちこふんぐん)」や「仁徳天皇(にんとくてんのう)陵」などを考えると私は歴史が嘘をついているというか、本当は残すべき歴史を封印してしまっているような気がしてなりません。

なんせ万世一系などといっていますが、日本の天皇家にそのような歴史を割り当てていること自体が似非歴史であるとしか考えられません。

仁徳天皇(にんとくてんのう)の河内平野や大阪府下に残した歴史があまり語られないのが不思議でなりません。

この周囲はかなり古い時期から土地であったような気がしてならないのですが本当の歴史を掘り起こして欲しいと思います。


関連情報レポートリンク

【堺市 神社一覧】