(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年11月17日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市住吉区長居西 神須牟地神社


大阪市住吉区長居西に鎮座する神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)です。別称は、「三の宮」とも称されていたようです。

社名を見ても読めませんでした。

長居公園の西の方向にあるのですが、長居公園の陸上競技場へは中学生の頃から来ていましたが、この付近を訪問した事はありません。


神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ) 由緒

延喜式内の古社であって三の宮と称され遠く二千年昔の御創建である。

御祭神 神産霊大神(かみむすがみおおかみ)天日鷲命(あめのひわしのみこと)少名彦命(すくなひこみこと)

本社は、古来酒造将又医薬の祖人として信仰厚く又文武両道の守護神として御神徳顕著であった。

本社殿は、慶長年間兵火にかかったが豊臣の浪人、多賀谷氏他四名の協力で元和四年八月二十一日再建された。

元和元年九月徳川幕府は本社および多米神社の廃滅に瀕せしを憂い幕史菅廣房に命じ「神須牟地社」「多米社」と刻せる石碑2基を双方の地に建立せしめ今なお現存している。

境外末社 多米神社は延喜式内の古い社で別名を「苗見神社」又は「橦貨神社」とも言われ崇敬された。

御祭神 宇賀魂命(うがのみたまのみこと)神稚魂命(かむわかたまのかみ)保食神(うけもちのかみ)

境内末社 農神社は農耕の神として農民に崇敬された。

御祭神 大己貴命(おおなむろのみこと)

当神社 御祭礼日

夏大祭 七月二十一日

秋大祭 十月二十一日

月例祭 毎月二十一日』

神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)・多米社の碑について

神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)延喜式内社(えんぎしきないしゃ)で由緒ある神社で古来より三の宮と称えて信仰の厚い神社である。

慶長年間(1590頃)大坂夏の陣の際、兵火に罹り、御社殿が消失したが、当時の豪族多賀谷氏他四名が協力して再建し、元和四年(1600頃)八月二十一日に遷座した。

ゆえに当社では二十一日が御祭日となっている。

多米神社は古い豪族多米連が創建したと称せられ延喜式内社(えんぎしきないしゃ)の古い神社で別名苗見神社又種貸神社と言われ、又ただ明神さまと称して浪速の名所に数えられ農耕の神又子宝の神として崇敬があった。

又言い伝えによると住吉大社の御田植の苗を当社で栽培したと言う。

元文元年(1730頃)九月徳川幕府は神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)及び多米神社の廃滅に瀕せしを憂い、幕史菅廣房に命じて双方の地に「神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)・多米社」と刻んだ石碑を建立し現存している。』

なんとも歴史をきちんと示してくれている由緒書きは解りやすくてうれしいものです。


関連情報レポートリンク

【大阪市住吉区 神社一覧】