(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年11月10日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市大正区小林西 産土神社〔小林の宮さん〕


大阪市大正区小林西に鎮座する産土神社(うぶすなじんじゃ)です。別称は、「小林の宮さん」と呼ばれています。

この辺りも江戸時代に開発された新田とそこに移り住んだ人々が土地の守り神としての「産土神社(うぶすなじんじゃ)」を設置したということでしょう。

この神社の文書などは、かなりの正確性もあり、面白いと思うのですがどのようなことが書かれているか興味深々です。


産土神社(うぶすなじんじゃ) 社記

創建 天保三年

御祭神

  天照皇大神

  應神天皇

  住吉大神

  春日大神

境内社

   稲荷大神

    不動天王

    白伯大善神

    小宝大明神

    恵比須大神』


そう広くない境内に数多くの神々が祀られています。

日本の神社の典型的な点なのでしょうか。

神社からのお願いが掲示されていました。

『平成二十五年の伊勢神宮遷宮を斎行するに伴い、この産土神社も金八十万円の奉賛を義務付けられております。…略』

いやはや、少し大きな金額ですね。

それにしても、遷宮はかなりの資金が必要ですが、先日にどこかのホームページの中で、遷宮の理由が紹介されていたことを思い出しました。

出雲大社や伊勢神宮は、神殿の柱が直に地面と接しているので、どうしても柱が痛むそうです。

二十五年経過するとかなりの確率で倒壊する可能性が出てくるというので遷宮せざるを得ないということです。

なるほど、科学的な分析も面白いものです。


関連情報レポートリンク

【大阪市大正区 神社一覧】