(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年11月03日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市阿倍野区阿倍野元町 安倍清明神社


大阪市阿倍野区阿倍野元町に鎮座する安倍清明神社(あべせいめいじんじゃ)〔公式HP〕です。別称は、「清明神社(せいめいじんじゃ)」です。

直ぐ南に鎮座する「阿倍王子神社(あべおうじじんじゃ)」は地形図に記載されていますが、この「安倍清明神社(あべせいめいじんじゃ)」は記載されていません。

地形図に神社マークを記載する基準が全く理解で来ません。

不思議でならないのですが、地形には関係ないかもしれませんが「ランドマーク」にとして重要であると思うのですが違うのでしょうか。


『由緒

当神社は平安時代に活躍された、天文博士安倍清明(あべのせいめい)公を祭る神社で、創建は社伝によれば、清明公没後二年の寛弘四年(1007)です。

安倍清明(あべのせいめい)公は、古代豪族阿倍氏の出で、伝説(葛之葉子別れ伝説)では、父安倍保名が和泉の信太明神(しのだみょうじん):(聖神社(ひじりじんじゃ))に参詣の折、助けた白狐(びゃくこ)(葛之葉姫)と結ばれて、当地阿倍野で生誕されたと伝えます。

幼名は安倍童子(あべどうじ)で、資性英明学問(しせいえいめいがくもん)を好み、京都に上り陰陽家の賀茂忠幸と子息保憲(やすのり)に師事し、陰陽推算の術を修め、天文博士、大膳大夫(だいぜんだいぶ)播磨守(はりまのかみ)等を歴任し、従四位上に叙されました。

占いは百占中神の如しと称され、花山天皇の退位を予知し、大江山の鬼退治を指導したことは有名で、又、(職神(しょくしん):精霊)を自在に駆使したと伝えます。

安倍清明神社(あべせいめいじんじゃ)社務所』


境内には「安倍清明公産湯井の跡」があり、「「江戸時代の摂津名所図会」に産湯井の図が見えています。』

境内には「鎮石(孕み石)」があり、「この大石は古代の船の碇で鎮める事から安産る石と成り「孕み石」とも呼ばれて信仰されています。』

他には安倍清明誕生の地とも紹介されています。

それほど広くない境内地なのですが、大阪市内であることを忘れさせるような落ち着いた境内の雰囲気が感じられました。

隣接するといってもおかしくない「阿倍王子神社(あべおうじじんじゃ)」と共にこの地の人々の篤い信仰を感じます。

私が訪問中にも結構な数のお参りされている方々がいました。

私はあまり知らなかったのですが、「陰陽師(おんみょうじ)(おんようじ)」などと注目を浴びていたようです。


P.S.

この安倍清明神社(あべせいめいじんじゃ)は、「阿倍王子神社(あべおうじじんじゃ)」の境外社であるということです。


関連情報レポートリンク

【大阪市阿倍野区 神社一覧】