(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年10月30日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

枚方市長尾宮前 禅宗 長尾山 正俊寺


枚方市長尾宮前にある禅宗 長尾山(ながおさん) 正俊寺(しょうしゅんじ)です。

妻が「紫陽花(あじさい)の花」の有名な場所はどこと言っていたのですが、近鉄の石切駅から府民の森の額田園地には沢山植えてあったと言っていたのですが、JR学研都市線の長尾駅前にあったとは知りませんでした。

有料のようですが、なかなか見ものであると思います。

紫陽花の季節には時間があれば再訪することにします。

長尾山(ながおさん) 正俊寺(しょうしゅんじ)

初代大坂町奉行を努めた旗本久貝因幡守正俊は、交野郡内に知行地を与えられ、荒廃していた長尾村の再開発に着手しましたが、志半ばで病没しました。

慶安二年(1649)息男 正世(まさよ)は亡父を弔うため、当地に讃良郡中野村(現四條畷市中野)正法寺(しょうほうじ)釈迦如来(しゃかにょらい)像と石造十三重塔を移しました。

寺号は同家を創開した父親の名を冠して、長尾山(ながおさん) 正俊寺(しょうしゅんじ)と命名しました。

本堂左手にある花崗岩製の十三重塔は、高さ4.3mで、嘉暦(かりゃく)二年(1327)の紀年銘が刻まれていました。

上部相輪(そうりん)宝珠(ほうじゅ)請花(うけばな)をうしなっているものの、鎌倉時代の造立当初の姿をよく留めており、昭和四十五年に大阪府の有形文化財に指定されました。

境内には、山門前に久貝家墓所、住職墓域に細谷善兵衛(ほそやぜんべえ)の墓石があります。

細谷は福岡村(長尾村の前身)の再開発に尽力し、久貝家長尾陣屋の代官を努めました。

2000年八月 枚方市教育委員会』


きちんと由緒が説明されていますので、歴史が理解しやすいです。

しかし、石像の多いお寺です。

境内の至る所に石像があります。

紫陽花(あじさい)の間にもかなりの数の石像がチラチラと見え隠れしていますし、駅からの山道には子供の喜びそうな石像が大量に並んでいます。

小さな子供さんは大喜びしそうです。

大阪市天王寺区空堀町にある「高野山 真言宗 大應寺(だいおうじ)」にもかわいらしい「ドラえもん」の石像がありましたが、ここまで大量に揃っている場所は他に記憶がありません。

様々な考え方もあるので小が、子供を惹きつけられない宗教はいけないような気がします。

生きていく上の、基盤となる規範を提供してくれるのが宗教の信仰であると思います。

私がカトリックの洗礼を受けようとしたときに、故小川悟神父さまが「こどもは予防注射だから一緒に洗礼を受けなさい」と言われて家族で洗礼を受けて本当に良かったと思っています。