(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年10月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市福島区玉川 天神社


大阪市福島区玉川に鎮座する天神社(てんじんしゃ)です。別称は、「下の天神」と呼ばれています。

不思議なことに、もう一つ入り口があり、鳥居があり「豊光神社(とよみつじんしゃ)」と石縹に刻まれていて門がしまっています。〔明治40年(1907)11月15日安井町字木場の無格社を合祀。〕

幼稚園が境内にあるので、神社にはない色で賑やかな神社です。


『由緒

社伝によれば、901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転させられた際、当社に参拝し海路の平穏を祈ったと伝えられている。

また菅原道真は、この辺りを餓飢島と呼ばれていたのを福島と名づけられた。以降、当社は人々に天神様として尊崇を集められたことが起源とされている。』


昔「上の天神 天神福島天満宮(ふくしまてんまんぐう)」「中の天神」とここの「下の天神」の三つがあったようです。

河口部にあたる神社は、菅原道真公が太宰府に配転の時に立ち寄ったという逸話がかなり有るようです。

北区神山町に鎮座する綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ)〔喜多埜天神〕にも船をつけたと書いていました。

北区曽根崎に鎮座する露天神社(つゆてんじんしゃ)〔お初天神〕には、歌が残っていたような気がします。

それにしても、菅原道真公はよほど太宰府に赴くのが嫌だったのでしょうか。

城東区諏訪に鎮座する諏訪神社(すわじんじゃ)には、藤井寺市道明寺の道明寺(どうみょうじ)へ伯母に別れを継げに歩いて言ったときに腰かけて休憩した石があります。

なんとも、これほど河内平野から摂津にかけて菅原道真公の逸話が花盛りなのですが、それほど親しまれている菅原道真公の詳細を習った記憶は有りません。

不思議なことであると思います。

歴史は勉強しておくべきであると今更ながらに思います。

知っていれば楽しい話しに組み立てられるのではないでしょうか。

夢が広がるような気がします。


関連情報レポートリンク

【大阪市福島区 神社一覧】