(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年10月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市此花区伝法 鴉宮


大阪市此花区伝法に鎮座する八咫烏神社(やたがらすじんじゃ)です。

なんとも興味深いのが、「三足の鴉」とされる「八咫烏(やたがらす)」の存在です。

此花おもしろトレイルルート」の13番目のポイントに指定されています。


『御由緒

此花区に残る最も古い伝記として、第八十四代順徳天皇の御代健保三年四月(1215)、村と港の繁栄を祈念し、伝法村の中心に傳母頭神社(もりすじんじゃ)として御鎮座されたが、文禄元年二月(1592)豊臣秀吉    より日本海への渡航の際し御神前に祈願せしところ、御社殿奥の森より、三足の鴉が出現、航海の安全守護他、瑞禅を示さんとの神告知があり、お告げの通り無事平安に帰国を果たした。

秀吉この事に多いに感激し、神社名を以後、「八咫烏神社(やたがらすじんじゃ)」に改めよと命名、自ら鴉の巣を成している所、すなわち在地に御遷宮したと伝う。

現在、正連寺川に架る橋を「森巣橋」というのも、この御由緒によるものである。』


国指定の特別有形文化財に指定されているようです。


『三足の烏について

往古より、熊野郡那智大社、山形出羽天山神祓、京都下鴨神社等、霊鳥「八咫烏(やたがらす)」すなわち三足の鴉に 関係した神話が多くのこされており、瑞兆に尊く神使として崇められている。 』


エピソードとしては、面白い所だけをはしょったような感じですが、実際にはこの「八咫烏神社(やたがらすじんじゃ)」の境内地は独立した島であったとの説明が他の神社にありました。

興味深いところです。

此花区の「此花おもしろトレイルルート」の説明は『御由緒』に似ていますが以下の通りです。


『見どころ エピソード

此花区に残る最も古い伝記として、順徳天皇の御代健保三年四月(1215)、村と港の繁栄を祈念し、伝法村の中心に傳母頭(もりす)神社として鎮座されたのがはじまり。

文禄元年(1592)、豊臣秀吉が出兵の際、瀬戸内より日本海への安全を祈願したところ、神告どおり海路平安、また三本足の霊鳥「八咫烏(やたがらす)」が軍船の前後に飛んで船を守ったと言われています。

これに感激した秀吉が、帰国後、神社名を「八咫烏神社(やたがらすじんじゃ)」と改め、現在地に遷宮したと伝えられています。』


『御由緒』と文脈が変わっている理由は、著作権のせいでしょうか。

酉島宮(とりしまのみや)」というのが御旅所として存在するようですが、土地勘が無いので場所が良く解りませんが、探して見ることにします。


関連情報レポートリンク

【大阪市此花区 神社一覧】