(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年09月25日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市北区大淀中 八阪神社〔大仁八阪神社〕


大阪市北区大淀中に鎮座する八阪神社(やさかじんじゃ)です。別称は、「大仁八阪神社(だいにやさかじんじゃ)」と呼ばれているようです。

「大仁」は「だいに」と読むそうですが、元々の地名というか地域をこう読んでいたようです。

八阪神社の社殿復興記念碑には「王仁(わに)公の所縁の地」と記されていて、「大仁(だいに)」は「王仁(わに)」から転化したという説があるようです。

大仁八阪神社(だいにやさかじんじゃ)御社殿復興記念碑

沿革

紀元十二世紀建久年中約七百年前以前当地域は摂津国西成郡大仁村と呼び称され六世紀五百十三年百潔●聖主より我朝に献せらる五経博士たりし王仁(わに)公の所縁の地なりと

天変地異七百年の星霜を経て之の地を開墾中の里人埋没せる大なる祀趾を発見し人々大いに恐れ畏し速素盞嗚尊を奉祀し鎮守之神として連綿として今日に至りしなり

天保六年新たに神殿を造営し天照皇大神、天御中主神二柱を相殿に合祀し熊野大神、豊受大神(とようけのおおみかみ)二柱も奉祀し、神徳を弥々墟かならしめす風雪百年ののち

皇紀二千六百年記念事業とし当時の氏子諸賢巨費を投じ荘厳なる社殿の出現を仰向くせり

惜しむ可し戦災の加倶土荒びて、神域灰墟に奉祀して春風秋雨二十七年を過ぐ神慮の程、如何が在らん相省みて思うに不耐今般氏子相計り神殿の御造営に微かを致さんとす

仰ぎ願わくは敬神崇祖の念を新たにせられ應分のかを藉し給ひ神徳ふして偏ねからしめ給え

恐惶謹言敬て曰す

大仁八阪神社(だいにやさかじんじゃ)御造営奉讃会長 薫四等 平川 久一』

境内には「末広橋」と「大阪大倉商業学校趾」の石標も建っています。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【大阪市北区 神社一覧】