(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年09月12日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

堺市北区百舌鳥赤畑町 百舌鳥神社〔百舌鳥八幡宮〕


堺市北区百舌鳥赤畑町に鎮座する百舌鳥神社(もずじんじゃ)です。別称の「百舌鳥八幡宮(もずはちまんぐう)」の方が有名でしょうか。

7月の末に運転免許の更新に行ったついでに数ヶ所の神社を廻ることを計画して訪問しました。

地形図で見て、中百舌鳥駅からそう遠くないと判断して炎天下に移動したのですが、なかなかたどり着くことができずに汗びっしょりになってしまいました。

境内地も広大でかなり立派な神社です。

由緒については公式ホームページに詳しく書かれていて、和泉国の中でも早くから土地であったことが伺われますし、西へすぐのところに「御廟山(ごびょうやま)古墳」や世界最大の面積をもつ「仁徳(にんとく)天皇陵」や「履中(りちゅう)天皇陵」があり南には「ニエンザイ古墳」があります。

藤井寺や古市の古墳群と同様の場所です。

社殿の大きさは大阪府下でも最大級ということですが、それぞれの祠や社にしてもかなりの巨大な建造物であることは間違いなさそうです。

南海高野線に「百舌鳥八幡」という駅がありそこが最寄りの駅であることは、中百舌鳥の駅に戻ってから知ってがっかりしました。

汗だくにならなくでも済んだのにという気持ちが勝ってしまいます。

百舌鳥八幡宮(もずはちまんぐう)

祭神は応神天皇、神功皇后、仲哀天皇、春日、住吉大神を配祀している。

社伝によれば、神功皇后が外征の帰途、この地において幾万代まで天下泰平を祈願されたことにより、当地を万代(もず)と称し、ここに斎きまつられたと伝えられる。

中世の保元年間には岩清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の別宮となり、当地は岩清水の荘園となった記録がある。

また南北朝時代に恒明親王の献詠や応安年間に大内義弘氏の寄進など、江戸時代には毎年堺町奉行の参向など古くより公式の崇敬が厚く、現在も厄除開運として市民の信仰が厚い。

秋祭は旧暦8月14日、15日に行われ、月見祭として広く知られ、放生会や茶会が催され、特にふとん太鼓の勇壮華麗な宮入りが有名で数十万人の人手で賑う。

現在の社殿は享保十一年(1726)の建立で、昭和四十六年に修復され、社前の楠は枝葉八方に広がり大阪府の天然記念物に指定されている。

堺市』

『当八幡宮の旧石段は、明治七年百済村辻尾啓太郎氏の寄進により再営されたが、老朽化のため、今般、梅北町、旧金口町の地主により創設された堺市中百舌鳥土地区画整理組合事業完成を記念して寄進せられ、ここに全面的な改築工事を施行したものである。

よってそのご芳志を永く後世に継承するためにこの碑を建てる。

昭和六十一年十二月吉日

百舌鳥八幡宮 宮司 工藤 俊之』

それにしても広大な境内と、池に映る月を楽しむのでしょうか。

日にちが合えば再訪問してみる価値がありそうです。


関連情報レポートリンク


関連情報レポートリンク

【堺市 神社一覧】