(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年09月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市港区夕凪 三津神社


大阪市港区夕凪に鎮座する三津神社(みつじんじゃ)です。

朝潮橋駅には、交通博物館があり何回も来訪しているのですが、神社に詣ったのは初めての体験です。

私が子供の頃には線路の北側の国際展示場で自動車ショーが開催されていて、私の父が招待券を毎年貰ってきていたのでよく来たものです。

今では体育館とプールになっているようです。

『御由緒

当神社は明和元年(1764年)石田三右衛門が石田新田開発の際、工事の安全と成功を祈り守護神として明和五年に社殿を建造勧請したもので、創祀にあたり天照皇大神を奉斎して石田皇大神宮と称し、爾来当地の開発鎮守の神として現今に至っている。

明治四十年十月七日石田皇大神宮へ、田中町村社の田中産土神社(たなかうぶすなじんじゃ)を合祀し両町名の一字ずつを取って社号を石中神社(いしなかじんじゃ)と改称した。

明治四十二年石田神楽町へ移転遷座其の後大正二年十月六日八幡屋町の八幡屋住吉神社(はちまんやすみよしじんじゃ)を合祀し、三つの津、三つの社を合祀されたところから社号を三津神社(みつじんじゃ)と改称され昭和八年三月田中元町五丁目に移転し社殿改築御造に着工、昭和十一年十月十六日新社殿の完成と共に御遷座せられたが、然るに昭和二十年六月一日戦災罹り焼失するに至った。

昭和四十二年三月現在地(夕凪)へ移転、同年十二月二十日新社殿竣工と共に遷座された。』

手水社に詳しい由緒書きがあるのですが、私の視力では読みこなせなくなってしまいました。

大変残念です。

再訪する機会があればなんとか読み解けるように工夫をしたいと思います。

老眼よりも、視力が弱ってきていることは体で感じています。

丁度、夏祭りのようで、門前には露天が並んでいました。

到着の時間が少し早かったようなのですが、写真を撮り終えて外へ出てきたら、それぞれの露天で開店準備をしていました。

間もなく子供たちが集まって賑やかになるのでしょう。

この神社にも神輿と獅子頭が展示されていました。

地車(だんじり)はなさそうでしたが、平地であるので少し不思議な光景に見えます。


関連情報レポートリンク

【大阪市港区 神社一覧】