(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年08月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市中央区道修町 少彦名神社


大阪市中央区道修町に鎮座する「少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)」です。一般的には「張子の虎」が有名で「神農(しんのう)さん」と親しまれています。

この神社の宮司さんとは、ボーイスカウトの関係で存じているのですが、1991年の第17回世界ジャンボリー(韓国:ソラクサン)の前にブラジルからのスカウトがホームステイに来たときに世話をしたのですが、たまたま天神祭の期間と一致したので、桟敷の券を手配していただいて、皆、大満足してブラジルへ戻りました。

我が家にホームステイした妹に第18回世界ジャンボリー(オランダ:ドロンテン)で出会うことになったのも神様の力が強いのでしょうか。

『神農さん 少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)

本殿・拝殿 国登録有形文化財指定

御祭神

少彦名命…日本の薬祖神

神農氏…古代中国の皇帝で特に農耕、医事、交易を司った。

御神徳

薬、医療、健康、温泉、国土開拓、造酒の神と古くから言われているが、特に薬の神、健康増進の神として御神徳が発揚されている。

御鎮座

道修町には、明歴四年(1658)頃から薬種商が集まっており、享保七年(1722)百二十四軒が幕府より道修町薬種中買仲間として公認された。

この仲間が生命に関する薬を神の御加護のもとに間違いなく取り扱えるよう、中国の薬祖神・神農氏と共に、安永九年(1780)京都・五条天神から少彦名命をお招きして、仲間会所(現在地)にお祀りした。

張子の虎

文政五年(1822)大阪で疫病(コレラ)が流行したとき、疫病除薬として『虎頭殺鬼雄黄圓』という丸薬を授与すると共に、「張子の虎」を造り、神前祈願の後、病除けお守りとして授与した。

それ以降「張子の虎」は、家内安全、無病息災のお守りとして世に知られるようになった。』

注連柱(しめばしら)(参道入口正面)の文字について

定給療病方威蒙(やまいをおさむるのりをさだめたまひ) 其思頼(みなそのみたまのふゆをかがふれり) 正二位 伯爵 (みなもと) 通禧(みちなる)(東久世 通禧)

(出典 日本書紀巻一 神代 上)』

薬屋さんが多数残っている道修町は、ビル街になりましたがまだまだ歴史を残している街です。

いのちと健康を育む町「くすりの道修町資料館」が入り口の社務所ビルにあります。

北浜から道修町にかけてのこの界隈は、土日は人影がほとんどありませんがなかなか興味深い場所です。


関連情報レポートリンク

【大阪市中央区 神社一覧】