(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年08月01日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

羽曳野市軽里 軽羽迦神社


羽曳野市軽里に鎮座する軽羽迦神社(かるはかじんじゃ)です。

この神社は昔は古市駅付近から日本武尊(やまとたけるのみこと)陵を経由した街道沿いにあったようですが、北側にバイパスのように駅からの道が出来ていますので、ひっそりとした住宅地になっているようです。

白鳥陵古墳は、日本武尊(やまとたけるのみこと)陵のことのようです。本日のルートには入っていませんので、再訪する必要がありそうです。

軽羽迦神社(かるはかじんじゃ)

現在の軽羽迦神社は戦後建てられたもので、最初は白鳥陵古墳の濠の横の祠に祭ってあったとされています。

その後誉田八幡宮に一時預けられ、現在は白鳥陵古墳の隣に移されました。今でも白鳥陵古墳の濠の横には小さな祠が残っています。

祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)を主神とし、蔵王権現(ざおうごんげん)熊野権現(くまのごんげん)の二神を合祀し、合計三神を祭っています。隣には白鳥古墳があり、日本武尊(やまとたけるのみこと)か、素戔鳴命(すさのをのみこと)を祭っているのが当然と思うのですが、全く異質の神が祭られているのには驚きです。

関西デジタル・アーカイブ 羽曳野市』

きっちりと高台の上にありますので、災害等にもあまり遭っていないと思いますが、場所が移転されているようなのでどの辺にもとの祠があったのか興味のあるところですが、この神社もそう大した建物がある訳でもないところが興味深いところであるかもしれません。

日本武尊(やまとたけるのみこと)といえば、名前ぐらいは一度は聞いたことがあると思いますし、歴史を習ったり、絵本でもその名前を見たり聞いたりした記憶があります。


関連情報レポートリンク

【羽曳野市 神社一覧】