(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年07月30日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

羽曳野市碓井 碓井八坂神社・井徳院址


羽曳野市碓井に鎮座する碓井八坂神社(うすいやさかじんじゃ)と史跡 井徳院(いとくいん)址です。

白鳥神社(しらとりじんじゃ)から近鉄南大阪線の東側を北へ向かって進んで集落の切れ目近くに鎮座しています。

なんとも不思議な場所にありました。狭い道をたどってたどり着いた神社の南側には広場でもなく長く広い空間が広がっていました。

碓井八坂神社(うすいやさかじんじゃ)と史跡 井徳院(いとくいん)

八坂神社は、もとは「井徳院(いとくいん)」と言われた奈良時代の寺の鎮守であったか、あるいは古市神社からの分社であると考えられ、延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)にも記されていないので、創建はおそらく平安中期より以後と推定される。

現社殿は西面のもので、祭神は素戔嗚命(すさのをのみこと)(牛頭天王(ごずてんのう):ごうずてんのう)となっていて、渡来系の神であることがわかる。

現在の碓井地区の名称は古代にあった「清泉唯井(せいせんうすい)」の井戸から起こっている。

碓井神社の東方50m附近一帯は奈良朝のころ僧「行基(ぎょうき)」によって創建されたという「井徳院(いとくいん)」があり、境内にあった碓型の井戸からは良質の清水が湧き出していたらしい。

その水は萬病によく利くとのことで、遠方からも参詣者が多かったと伝えられている。

その後、南北朝の騒乱で兵火を受けて消失し廃寺となった。』

またもや「行基(ぎょうき)菩薩」の登場です。いったい、この僧侶はどのような生活を送っていたのでしょうか。

ここから東へ行きたいのですが、結局、来た道を戻り、近鉄南大阪線の踏切を渡って行かなければならないのですが、結構戻らないと踏切がなかったのではないかと少し不安でしたが意外と近くにあったので助かりました。


関連情報レポートリンク

【羽曳野市 神社一覧】