(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年06月20日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

四條畷市塚脇町 道祖神


四條畷市塚脇町に鎮座する道祖神(どうそじん)です。

私は、上町大地より東の生駒山麓までの河内平野の北は淀川から南は大和川までの枚方を除く地域を殆ど廻ったのですが、「道祖神(どうそじん)」に出会ったのはまったく初めてです。

玉垣や神社マークがあると全て見て廻っていますので、ここが初めてであると思います。

道祖神(どうそじん、どうそしん)は、『路傍(ろぼう)の神である。集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神で、古い時代のものは男女一対を象徴する ものになっている。餅つき(男女の性交を象徴する)などにもその痕跡が残る。村の守り神、子孫繁栄、近世では旅や 交通安全の神として信仰されている。

全国的に広い分布をしているが、出雲神話の故郷である島根県には少ない。甲信越地方や関東地方に多い。 平安時代にはすでに「道祖」という言葉が書物にでてきているが、松尾芭蕉の奥の細道の序文で書かれる ことで有名になる。しかし、芭蕉自身は道祖神のルーツには、なんら興味をしめしてはいない。(ウィキペディア:Wikipedia)』

そうですか、関東地方に多いのですか、そして大阪出身の松尾芭蕉がまったく興味を示していないのも面白いと思います。

しかし、これって仏教なのでしょうか。神道なのでしょうか。

鳥居は、ここから神域(尊い場所)を示すしるしであり、本来は神道のシンボルではありませんから、鳥居で判断する訳にはいきません。

「ウィキペディア:Wikipedia」では、「神」と書いてあるようなので神社系に入れておくことにします。