(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年05月30日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

藤井寺市 史跡 鉢塚古墳


「史跡 鉢塚古墳(はちづかこふん)」は近鉄線の藤井寺駅から南へ向かうと商店街を抜けたあたりに、葛井寺(ふじいでら)が見えてきて直ぐに辛國神社(からくにじんじゃ)の鳥居が見えてきます。

鳥居の前をそのまま何かすると道が二股になっています。左右どちらからでも行けそうですが、右に道を進みますと幼稚園の門の向こうに「史跡 鉢塚古墳(はちづかこふん)」が見えるのですが近づけそうにありません。

更に反対側に回り込む必要がありそうです。

「史跡 古市古墳群 鉢塚古墳(はちづかこふん)

国史跡指定 昭和五十四年十二月二十二日

古市古墳群のなかでは小規模な前方後円分ですが、目立った乱掘坑もなく比較的原型を留めています。

現在、周濠は埋め立てられていますが、かつては盾形の周濠がめぐり、埴輪列もみられたと言われます。

埋葬施設や副葬品は不明ですが、わずかに採取された埴輪や葺石を施さず傾斜角度の大きい墳丘の造りから、この古墳の南側に所在する岡ミサンザイ古墳(仲哀陵)と相前後する5世紀末から6世紀初頭の築造時期が考えられます。

なお、古代の用水路でである古市大溝は岡ミサンザイ古墳南東で二つに分かれ、その一支流が鉢塚古墳の周濠の北側に回り込むと推定されています。』

埋め立てられた周濠は、幼稚園の園庭になっていて子供たちの元気な声が聞こえていました。

それにしても、古室山古墳(こむろやまこふん)もそうでしたが、天皇陵ではない古墳の扱いはひどいものです。

信じられないような扱いであるとしか思えません。飛鳥の石舞台古墳(いしぶたいこふん)も考えようによってはひどい扱いです。何よりも石が丸裸なのですからね、

古墳の規模で言えば、面積では仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)、容積では応神天皇陵(おうじんてんのうりょう)であるそうなのですが、仁徳天皇が俗に言う今の大阪平野で活躍していたことなんか、神社を回ってみるまで頭の隙間にも入っていませんでした。

しかし、藤井寺から羽曳野市周辺はかなりの古墳群が連なっています。

信貴山と生駒山麓とはまた違った風情があります。

歴史を学ぶには素晴らしいところであると思います。


関連情報レポートリンク