(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年05月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市北区神山町 綱敷天神社


大阪市北区神山町に鎮座する綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ)公式HPです。別称は、「喜多埜天神(きたのてんじん)」といわれています。

北野病院に入院したときに、先生に許可をもらってこの神社の北側の道を使って、朝日屋書店や紀の国屋書店まで通うのが1週間の入院の日課になっていました。

しかし、この場所に神社があることは知りませんでした。裏側の道が拡張されて広くなっていますが神社には入れないようです。

綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ) 由緒

御祭神 嵯峨(さが)天皇 菅原道真公

第五十二代嵯峨(さが)天皇は、弘仁十三年(822)津の国難波免我野(とがの)に行幸され、この地で一夜を過ごされました。

天皇死去後、皇子の左大臣源融公は、追悼のあまり承和十三年(843)この神山の地に神野神社として奉祀された。

菅原道真公は、延喜元年(901)太宰府権師に左遷の時、この北野の地に着船、神野神社に参拝され、紅梅樹が美しく咲いていたので、船綱をといて御座とし賞賛された。

今、御神宝とされている綱から綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ)といわれ学問の神様として御信仰があり、守り伝えられています。』

『牛と天神様

天神様(菅原道真公)をお祀りしている神社には必ずといっていい程、牛の像がお祀りされています。

これはお稲荷さんなら「キツネ」。お伊勢さまなら「ニワトリ」と同じように天神様のお使いの動物が「牛」であるといわれる為です。

なぜ牛なのかといいますと、天神様こと菅原道真公のお生めれになられた年が丑年である為であるとか、天神様が太宰府でお亡くなりなられた際に、棺を運ぶ牛が突然立ち止まり、押しても引いても動かぬ為、天神様が「ここに葬ってくれ」と牛に伝えたのだと察し、その場所に埋葬したのが太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)の由来であることや、雷の神様としても慕われる天神様の御神徳に由来して、農耕神としての性格から牛がお使いであると言われたりと様々な説がありますが、古来より牛さんにお願いすると天神様に「誰々はこのようなお願い事をお祈りしています。どうか願いを叶えて差し上げて下さい」とお伝えするといわれ、老若男女を問わず今も昔も慕われています。』

少し面白いものを発見しました。「従軍記念碑」と彫ってあると公式ホームページでは説明されているようです。

『この碑は大東亜戦争終戦後処分することになっていましたが、今日あると予期して之を地中に埋没し今日に至りました。

偶々今年は菅公御神忌千七十五年祭い相当り記念の為め之を掘り起こし元の碑に建て直して記名諸氏の功績を稱え御冥福を記念することとなり株式会社山下組会長中野常三郎氏の御芳志によって復元建立さる。

昭和五十二年十月十四日 白江宮司 記す』

となっています。私には「従」ではなく「逆」という字にしか見えないのですがどうなのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【大阪市北区 神社一覧】