(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年05月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市大竹 史跡 薬師石仏


八尾市大竹の「史跡 薬師石仏(やくしせきぶつ)」は、東高野街道に沿った山麓の上部にある道沿いにあります。

大竹観音堂(おおたけかんのんどう)から南へすぐのところにありますが、道は上へ曲がってしまいがちなので私も見落としました。

三叉路になっていて、上側へ向かう道は直ぐに南下しますので10m程下にあるこの「史跡 薬師石仏(やくしせきぶつ)」を見落とします。

薬師石仏(やくしせきぶつ)

もとは熊野神社(くまのじんじゃ)の境内にあった石仏で凝灰岩の石棺材を利用した石棺仏である。

総高さ1.15メートル、下幅0.60メートルの舟形をつくり、蓮華座をもつ半肉彫りで、右手をあげて施無畏印、左手胸前にて薬壷を棒げる如来像である。

像の周囲にある十五の梵字に薬師曼荼羅をあらわし作風から見て室町時代の建立である。

八尾市教育委員会』

同じく八尾市大竹にある寶山神社(ほうざんじんじゃ)(史跡 鏡塚古墳(かがみつかこふん))を訪問したついでに史跡 心合寺山古墳(しおんじやまこふん)に立ち寄った際に史跡マップで発見しました。

それにしても、よく立ち寄ったものであると思います。

充実した展示と職員の親切さは好感が持てます。

この石仏もどうやら古墳の石棺の蓋を利用したものであるようです。

柏原市山ノ井町の薬師院 醫王山 瑠璃光禅寺(るりこうぜんじ)の門の階段下にも同じような石棺で作った石仏がありましたが、やはり古墳の多い場所で利用しやすいものとして石棺の蓋が使われたのでしょうか。

それにしても少し不思議なのは、祟りを恐れたはずの日本人が古墳の遺骨が入っていた石棺の蓋を平気で利用するとは考えにくいのですが、恐れていたというのは作り事なのでしょうか。

土倉の地域であれば、掘り返して人骨が出てきてもある程度は平気であると思いますが、そのあたりはどうなのでしょうか。

史跡 心合寺山古墳(しおんじやまこふん)から直ぐですので、寶山神社(ほうざんじんじゃ)(史跡 鏡塚古墳(かがみつかこふん))と一緒に訪問されてはいかがでしょうか。


関連情報レポートリンク