(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年04月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

藤井寺市藤井寺 葛井寺ふじまつり


Bukunda

葛井寺(ふじいでら)ふじまつり」が、2009年4月19日から29日まで10日間にわたり開催されていました。

そんなことも知らずに、藤井寺市小山の小山善光寺(こやまぜんこうじ)の「秘仏御開帳」が毎年4月24日の午後4時からと説明書きに書いてあったので信州長野の善光寺(ぜんこうじ)の分身と言われる小山善光寺(こやまぜんこうじ)の「秘仏」を拝見しようと妻と訪問しました。

Karakuni

妻が藤井寺駅で下車するのは初めてであるということで、辛國神社(からくにじんじゃ)から回ろうか向かったのですが、先に「ブクンダ公園」で綺麗な藤棚を見て満足しました。

辛國神社(からくにじんじゃ)の藤はもう盛りを過ぎてしまったようでした。山道の藤棚はまだ若く青々として花がありませんでした。池の上の藤棚は終了間近と言う感じでしたが香りは十分にありました。

fujiidera11

辛國神社(からくにじんじゃ)から「鉢塚古墳(はちづかこふん)」を経由して葛井寺(ふじいでら)へ向かう途中に「ふじまつり駐車場」という表示があったのですが一体どこでやっているのか解りませんでした。

私たちは、小山善光寺(こやまぜんこうじ)の「秘仏御開帳」に来たのでついでに周辺を回ってみるか程度の散策です。

fujiidera12

葛井寺(ふじいでら)に入って驚きました。

「ふじまつり」とは「葛井寺(ふじいでら)ふじまつり」のことで、葛井寺(ふじいでら)世話人会(藤花育成会)と藤井寺市商工会の主催で葛井寺ふじまつりが開催されているようです。

主に「西国三十三所巡礼の旅」を境内でできる周囲に紅白の幕を垂れて300円を徴収しています。道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)の梅園でも同じような事をしていましたが、神や仏を恐れぬ愚かな行為だと思います。

賽銭箱を置いておけば。もっと大きな収入があるはずです。

fujiidera13

それにしても、インターネット上で古代藤の樹齢の古い藤の花の見事さには驚いたのですが、藤の花を見にきたのは初めてです。

私にとっては香りが良いのでうれしかったのですが、紫色が強い藤の花の他に赤紫色が濃いのと純白の藤の花を楽しむことができました。

葛井寺(ふじいでら)以外はそれぞれ個別にレポートしようと思いますが、写真だけ紹介しておきます。

fujiidera14

ちなみに私たち夫婦は300円を惜しんでというより、小山善光寺(こやまぜんこうじ)の「秘仏御開帳」時間が気になっていたのもあり、幕の中には入りませんでした。

無料で楽しめる藤棚でも十分満足できますし、なんとなく見ていても中にまで入っていく人もいませんでしたので早々に退散して小山善光寺(こやまぜんこうじ)へ向かいました。


関連情報レポートリンク