(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年04月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

東大阪市上石切町 石切神社上の宮


東大阪市上石切町に鎮座する石切神社上の宮(いしきりじんじゃかみのみや)です。正式名は「石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)上の宮」というべきではないでしょうか。

神社内に特にこれといった情報はありません。

石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)公式HPで情報を探ってみます。

石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)上之社

現在の石切東方にあたる宮山に饒速日尊を祭祀したのが、 神武紀元二年のこと。その後慶安三年(1650)に、光堂山に御遷宮が行われ、爾来石切の奥の院として崇敬されております。

かつては、宮山の上之社、光堂山の中之社、現在の御本社である下之社とがあり、 現上之社の御本殿は約460年前に、下之社として造営された室町時代の建築です。

その後、昭和6年に下之社(現本殿)建立を機にして解体保存され、昭和47年に再興 されました。』

私にはよく解りませんが、親子の牛の銅像が二頭並んで立っています。

但し、この牛は、菅原道真公を祭った天満宮にある「撫で牛」とは少し事なるようなのですが、誰かが奉納したのでしょう。

前の神主の葬式でいただいた本を読んでみれば解るかもしれません。

実は今日は、この「石切劔箭神社上之社(いしきりつるぎやじんじゃかみのしゃ)」で、鳴川峠途中の神社はいつの日にか訪問することにして、東大阪市の神社レポートは終了するはずでしたが、山手で大石神社(おおいしじんじゃ)に遭遇して、あれと思ったら、隣に白光大神(しらみつおおかみ)熊繁大神(くましげおおかみ)まで発見するに至りました。

あとは、稲田本町に稲荷神社があります。写真を撮っていたのですが、サーバダウンで取り出せなくなっていて、先日に稲田桃の写真を撮りに言ったときについでに撮影していますので、またの機会に紹介します。

石の台を見つけたのですが、神輿の台ですのでものを置かないでくださいと書かれています。

やはり、「ふとん太鼓台」もここまで上がってくることは辛いのでしょう。

境内の看板に

  • 石切の御滝
  • 婦道神社
  • 登美が霊社
  • 御礼池
  • 八大龍王社

と書かれていますので、廻ってレポートできるものはレポートする事にします。


関連情報レポートリンク

【東大阪市 神社一覧】