(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年04月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

柏原市片山 片山神社


大阪府柏原市片山に鎮座する片山神社(かたやまじんじゃ)です。

大和川と石川の合流点を望む小高い丘にある北にあります。眼下の大和川には水管橋と言われる橋が南北柏原市をつないでいますが、大和川で分断されている北側には春には桜が綺麗な天湯川田神社(あまゆかわたじんじゃ)が鎮座しています。


片山神社(かたやまじんじゃ) 由緒,伝承

石川を挟んで西に誉田(こんだ)仲津(なかつ)等陵がある、鳥居の向きは陵より少し北に振ってあり、志貴縣主神社(しきあがたぬしじんじゃ)方面、その先に物部氏の阿刀(楠本)がある。

玉手山古墳群のある丘陵の北端にあり少し南に片山廃寺跡がある。

片山廃寺は奈良白鳳の頃。片山(かたやま)玉手(たまて)円明(えんめい)の三村は大化改新以降の尾張(おわり)郷で南は加美(かみ)郷、東は資母(しも)郷と接していた。「新選姓氏録・河内の国神別」の尾張(おわり)連の本拠にあたる。

誉田陵(応神15)の北隣の仲津陵は応神の后妃を祀るとされるが、この仲姫は尾張(おわり)氏を出自とする。』


あまり情報のない神社なのですが、「片山神社(かたやまじんじゃ)修復記念図書館」と書いてあるシャッターが妙に気になります。

人影がまったくありませんでしたので、確認のしようもないのですが、中にどのような書籍や書物が収まっているのか知りたい所です。

なお、南側には「片山薬師堂(かたやまやくしどう)」がありました、

先日、裁縫した時に「片山廃寺(かたやまはいじ)跡」を探していたら途中で看板がなくなり、「片山薬師堂(かたやまやくしどう)」にたどり着いてしまいました。

何となく同じ敷地内にあるのですが、ここが「片山廃寺(かたやまはいじ)跡」かと思ったのですが、由緒を見ると違うような気がするのですが、どうなのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【柏原市 神社一覧】