(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年03月26日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

交野市星田 星田神社


交野市星田に鎮座する星田神社(ほしだじんじゃ)です。

この神社にたどりつく前に星田三丁目に神社マークがあり、この星田神社(ほしだじんじゃ)は、星田二丁目の神社マークとして読み取ったので、懸命に星田三丁目に神社マークを探していたのですが発見できませんでした。

ちょうど、星田公園が山のようになっており、その周囲をグルッと回ったのですが発見できずに先に星田神社(ほしだじんじゃ)に来ました。

由緒書きが板看板に墨書きされていますが、写真では読み取れそうに無いので手写しましたが、辛い仕事です。


星田神社(ほしだじんじゃ)略記

御祭神 底筒男命 中筒男命 表筒男命 神功皇后

由緒

星田の里の氏神様は、宝永年間(1704-11)徳川時代迄、私市の磐船神社(いわふねじんじゃ)を私市・田原・南田原・星田、四ケ村の総氏神としていましたが、此の村々の間に村々の宮座の事や神主職を自分の村方より出そうとする事が原因となって争いが絶えず。

当時、星田村の平井源左ェ門と云う人が、磐船神社(いわふねじんじゃ)の神主となっていた時、話し合いの上、夫々の村に御分霊を持ち帰って祀る事となり、星田も此の地に御分霊を遷し奉祀されたものと伝えられます。

御神徳

住吉大社、御祭神と伺し御分霊にして御神徳は、上は歴代天皇の御宇拝厚国土を守り、災厄を除き幸をの上に灼かなる霊験と輿へ給す。大神として萬人の詣で崇める大神霊にて坐します。

境内社五社

交野社、八幡社、金比羅宮、恵美須大神社、天照皇大神社、天満宮の御神徳記は、夫々の社殿の前に名記してあります。


ところで、この神社と星田寺の調査を終了して自転車に戻ってみるとかごの中においてあった地形図がなくなっていました。

風で飛んだ様子は無かったのですが、駐車場に車が一台増えていました。

国土地理院の地形図は三百円足らずなので無くなってもたいしたことも無ければ、常に新しいのを入手する必要があるので問題は無いのですが…。

地理不案内のこの場所で無くなったことは辛かったのです。

四條畷方面まで戻ればどうってことないのですが、今どこにいるか解らないのが辛いですね。


関連情報レポートリンク

【交野市 神社一覧】