(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年03月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

寝屋川市太秦中町 熱田神社


大阪府寝屋川市太秦中町に鎮座する熱田神社(あつたじんじゃ)です。鳥居の額には「熱田大明神(あつただいみょうじん)」と書かれています。

こんもりとした鎮守の杜という風情もありますが、見ようによれば「古墳」とも思えます。

それにしても、禁止している神社が多いのですが、犬の散歩をしている人を多数見かけます。

寝屋川市太秦元町に熱田神社(あつたじんじゃ)御旅所(おたびしょ)がありました。

寝屋川特有の説明書きのある「鉢かづき姫」人形があったのですが、何やら神社の説明ではなさそうです。

太秦(うずまさ)廃寺跡

ここ熱田神社(あつたじんじゃ)境内からは、昔から古瓦が出土し、礎石に使用されたとみられる巨石が多く認められ、付近一体が古代の寺院跡であることが知られています。出土した古瓦には、重圏文軒丸瓦・唐草紋軒平瓦があり、奈良時代後期から平安時代前期に属するものです。

秦・太秦の地は、寝屋川市域でも早くから人々が足跡を残した地域の一つであり、約千八百年前の弥生時代には、丘の上に全国的にも有名な高地性集落が営まれていました。

その後、形成された古墳群(太秦古墳群)は、わが国の古代史に多大の影響を及ぼした秦氏の人々の墓と考えられています。

また、昭和三十七年(1962)には、神社東の山の土取り工事中に全国でも珍しい牡鹿の埴輪(頭部)が出土しました。

太秦(うずまさ)廃寺の実体については不明な点も多くありますが、「広隆寺(こうりゅうじ)末寺別院記」に記載されている「河内秦寺」にあてる説もあります。

寝屋川市』

なるほどなのですが、ここの裏山はなんとなく古墳がありそうな気がします。埴輪が出てきたということはほぼ間違いないでしょう。

拝殿に写真があり、掲示板に以下のメッセージが貼られています。

『人にゆえない はなせない 出征兵の 母の胸中

召集令状が来て、熱田神社(あつたじんじゃ)本殿前にて別れた時の面影を心に浮べて参拝の日々続くこと。戦争が終わって六十年足腰が弱り、参拝もままならず。この世を去るこの母に ご冥福を祈ると熱願します。戦争は色々な多くのものを失った残念である。二度と戦争とこれわいけない。

戦争絶対反対 戦争体験者一同』

そうですよね。戦争はいけませんよね、幸せになる人なんか一人もいませんよね。もう一枚あります。

『六十数年前、当地 集落あり 次々と 熱田神社(あつたじんじゃ)本殿前に日の丸の旗を○に掛けた出征兵士は集落の多くの人達と水盃で別れ 歓呼の声で見送られ 戦場に出征し… 帰らぬ人となり 週邪の写真が 平和の守神とし神殿内に安置飾られてあります。

あの感激 感動を思い起こし ご参拝に併て慰霊のご冥福を熱願します。』

いろいろな情報がありますね。

ちょっと気になっていたのですが、寝屋川は書いてある通り相当長い歴史があるはずなのに神社が少ないなと思っていたのですが渡来人である秦氏は神社信仰の習慣や風習が無かったことの故なのでしょうか。


関連情報レポートリンク

【寝屋川市 神社一覧】