(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年02月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

藤井寺市 道明寺天満宮から古墳群の里


昨日から、2009年2月27日は天気も良いとの天気予報が伝えられていましたので、朝から天気もよく妻と梅を見にいくかと道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)から藤井寺市の周辺の古墳群に出かけました。

毎年、この時期は大阪城公園の梅林に出かけていたのですが、一度は違った所へ行こうと思い立ち、道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)の梅が良いのではと思い立ち二人で出かけました。

JRおおさか東線が出来たので、天王寺、阿倍野経由で道明寺駅に行くのではなく、JR柏原駅から道明寺まで近鉄線を経由してたどり着くことが出来ます。

但し、電車に乗っている時間よりも、駅で電車の乗り継ぎを久宝寺駅と柏原駅で待っている時間の方が遥にかかるということがネックです。

時間的には一時間弱で道明寺駅に到着しました。

道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)の梅林は有料で三百円を徴収されます。まあ、手入れも行き届いていますし、ボーイスカウト藤井寺第四団の団本部もありますので安いものです。

梅林は妻が満足しましたので安いものですが、先日、近所に私一人で来た時に訪問した、「允恭天皇陵(いんぎょう:19代)」もかなりの規模でしたが、今日は、道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)から道明寺(どうみょうじ)を経由して以下の順に回って見ました。

なんと古墳群とは言え、ここに家を建てたり、住んだりするのはおかしいのと違うかというような感じを持つほど古墳の連続です。

赤面山古墳(あかつらやまこふん)」なんて、西名阪自動車道の陸橋の下にあります。

古室山古墳(こむろやまこふん)」は、中にはいれますし、頭頂部にも登れます。後円部の最下部には梅の木が植えられていて、結構、なかなかいけるなという感じもしました。

もったいないですね。もう少し何とかしなければいけないのでしょうか。それともせっかくの森のようになっている現状を良とすべきなのでしょうか。

八尾市の「心合寺山古墳(しおんじやまこふん)」のように、昔はこうであったのではという形で復元するのも良いのですが、木が生い茂っている現状も否定するものではありません。難しい所です。

私は、飛鳥などはできるだけ復元して欲しいと思っているのですが。どうなのでしょうか。

平城京(へいじょうきょう)跡が少しずつ、門や建物が復元されていますが、皆さんはどう考えられますでしょうか。


関連情報レポートリンク