(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【Release date:2009年01月27日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市本町 初日山 常光寺


八尾市本町にある臨済宗南禅寺金地院の末寺であり「初日山 常光寺(じょうこうじ)」という名称ですが、八尾地蔵尊と呼ばれています。

「お逮夜市(たいやいち)」という祭りが27日に開催されているそうで、子供の頃に祖父とよく来た記憶がありますが詳細の記憶はありません。露天商が軒を連ねていて結構活気があった記憶があります。

『常光寺

臨済宗南禅寺派で、「八尾の地蔵さん」で名高い。行基(ぎょうき)の創建で聖武天皇の勅願所であった。南北朝の戦乱で消失したが、又五郎太天藤原盛継が再興した。足利義満が参詣し、造営の材料を寄進し願を書いた。

大阪夏の陣には金地院崇峻天皇の抱え寺として保護され、藤堂喬がこの寺の縁側で敵の○○○をし、今でも血点所として残されている。

寺宝も多く家光以降の歴代将軍の朱印状がある。八月二十三日、二十四日の地蔵盆は名高く、河内音頭による盆踊りは河内の名物である。

八尾市教育委員会』

別当職の墓がありその説明書きがあります。別当職は公的な寺の長官を示すそうです。

『八尾別当顕幸(べっとうえこう)

寺伝によると多田満仲の子賢快が初めて八尾別当職に任じられ、八尾僧正と称された。顕幸はその十世の孫で八尾城主として権勢を持ち、後に楠木正成(くすのき まさしげ)の八臣の一の家来となり大いに南朝方に尽した武士であり権僧正でもあった。

正成の湊川戦死の後、顕幸は和田音智両氏と共に正成の子、正行を助けたが延元三年(1338)八尾城で病死し、この地に葬られたと伝えられる。』

同じ八尾市本町に鎮座する八尾神社(やおじんじゃ)に「矢尾城址」という石碑が建っていますが、距離は500mも離れていません。南北朝の時代には間に何もなかったと思います。

南側には山本八幡宮(やまもとはちまんぐう)も鎮座しています。

なかなか立派な山門があり仁王像も建っていますし、夜間には照明が当たっています。

近所にお越しの際は是非立ち寄ってみられることをお薦めします。


関連情報レポートリンク