(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2009年01月15日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

八尾市恩智中町 シュミイ地蔵尊


八尾市恩智中町に座するシュミイ地蔵尊(しゅみいじぞうそん)です。旧東高野街道沿いにあります。

道が細い割に、八尾の黒谷から柏原に向けてはこの道が今だに国道25号線を避ける人たちや住人のメインストリートにおり車の通行量がかなり多いので注意が必要です。

この地蔵から山麓へ登っていくと「恩智左近の墓」や「恩智城址」「万葉植物園」を経て「恩智神社(おんぢじんじゃ)」に至ります。「八尾市教育キャンプ場」は2008年から閉鎖されています。


『シュミイ地蔵

名前の由来はわからないが、地元恩智の有志が結集して菩堤追善のため、彼岸の中日に建立したものである。

高さ136センチメートル、幅67センチメートル材質は花崗岩である。

像の左右に次の銘文がようやく読み取れる。

良盛長盛梁妙見也阿常助宗(-略-)

天文十三年甲辰八月時正(-略-)

八尾市教育委員会』


堂の側面に墨書きの札があります。


『シュミイ地蔵尊の由来

地蔵尊は東高野街道に沿った東側の中町五丁目にある。古くから「シュミイ」地蔵という名称について俗説が多く確たる由来は詳かでない。

地蔵尊像は、高さ136センチメートル、幅67センチメートルの粗い舟形花崗岩に尊像丈1メートルの立像として陽刻されている。

尊像の両側に半ば摩損した銘文が刻され、それによると「…河内国恩智逆修一結束衆敬白」とある。即ち地蔵尊の建立は天文十三年(1544)第十二代足利義晴のときに当る。

その由来は逆修のために恩智の有志が結集して菩提追善のために、恩智の有志が結集して菩提追善のために建立したものである。

逆修というのは生前に予め自分のために仏を修し冥福を祈るということであり、又、老いたるものが生き残り、若い者の冥福を修することを意味している。

なほ、本像は菩薩形で左手に○草形、右手に施無畏の印を表わした珍しい像である。』


地蔵尊にこそ地域の民衆の歴史があるのでしょう。