(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年12月19日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市天王寺区茶臼山町 堀越神社


大阪市天王寺区茶臼山町に鎮座する「堀越神社(ほりこしじんじゃ)」です。四天王寺七宮(してんのうじしちみや)の一つです。

四天王寺七宮(してんのうじしちみや)とは、聖徳太子が四天王寺(してんのうじ)を創建した際に、その守護として近辺に造営された神社群で、以下の七つの神社をさすそうです。




堀越神社(ほりこしじんじゃ)

時の摂政 聖徳太子が太子の叔父君のあたる崇峻天皇を偲んで風光明媚なこの茶臼山の地に、四天王寺(してんのうじ)建立と同時に当社を建立創建されました。

明治の中期まで境内の南沿いに美しい堀があり、この堀を越えて参詣したので、堀越という名がつけられました。

古くから「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」との言い伝えがあります。』


どうですか、一生に一度の願いのある方はぜひ訪問してください。JR天王寺駅や近鉄阿部野駅や地下鉄天王寺駅からすぐですよ。


『堀越さんのご神木

心霊の宿る樹、降りる樹として、今も多くの人々に大切にされている樹齢五百五十年とも言われる楠木です。数度にわたる落雷と、二度の大火災にも耐え、昭和四十年の谷町筋の拡張工事と地下鉄谷町線の開通工事に伴い、現在の場所に移転。そお移転時に天空一転にわかに掻き曇った様子は新聞に掲載されました。

「気力が落ちた」「疲れた」と感じた時、御神木の持つ力をいただいてください。

ご神木に接して、太上神仙鎮宅霊符尊神が鎮座されています。』



『ちんたくさん 太上神仙鎮宅霊符尊神(だじょうしんせんちんたくれいふそんじん)

お守りやお札の元祖の神様です。紀元前、中国前漢の孝文帝の時代に広まり、節分や七夕など星祭りはこの神様の家内安全、商売繁盛のお祭りです。

春の節分祭では星祭りをして屋敷の清め祓いをして星霊の種を撒きます。七夕(旧暦)には星祭りを七日七夜行い、七月七日の結願の日に大真西王母須勢理姫命(だいしんせいのうちすせりひめにみこと)をお招きして星霊の力により生命力の復活再生を希う繁昌祭を行います。

「鎮宅さん」と呼ばれる位ですから、家宅の鎮めはちんたくさんの神功の第一です。加えて健康、家内の親和、家業の繁栄の為にちんたく修法は霊符、神符等を使って様々な神事、修法を行います。

神符には実に様々な効験が有り、玄武を神のよりしろに大司命神七十二神を始め、いわゆるちんたくさんを招神じて暗中神符に入魂して実効の有る符に仕上げ発符します。

当社では古来の鎮宅霊符の伝説にのっとり節分、七夕には大祭を催し各符を発符し、ご希望の崇敬者に授符しております。』



『熊野第一王子之宮

平安時代に「蟻の熊野詣」といわれるほど賑わった熊野詣は、目的の熊野三山巡拝の前に、熊野権現の分霊を祀った九十九の王子社の巡拝しながら辿っていきます。京の都から船で淀川を下り、上町台地へ上陸する天馬の港に「窪津王子(くぼつおうじ)」がありました。

ここが熊野への出発点で、九十九王子の第一王子窪津王子(くぼつおうじ)に参拝して御祓を受けた後、熊野詣に出発したと言われています。

この「窪津王子(くぼつおうじ)」はその後、四天王寺(してんのうじ)西門鳥居近くの「熊野神社(くまのじんじゃ)」に鎮座していたと伝えられていますが、後に堀越神社(ほりこしじんじゃ)に合祀され、「熊野第一王子之宮」として現在に至ります。

また、熊野権現の神使は八咫烏(やたがらす)。三本の足を持つカラスとして描かれています。日本サッカー協会のシンボルマークでお馴染みですが、神武天皇ご東征を道案内したり、その功績は数多く伝えられています。

春の例祭の日(四月第三日曜日)に熊野社花祭りが催されます。』


それにしてもなかなかの歴史です。盛りだくさんで楽しくなります。


関連情報レポートリンク

【<四天王寺七宮】

四天王寺七宮(してんのうじしちみや)とは、聖徳太子が四天王寺(してんのうじ)を創建した際に、その守護として近辺に造営された神社群で、以下の七つの神社をさすそうです。


関連情報レポートリンク

【大阪市天王寺区 神社一覧】