(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年12月11日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大阪市旭区清水 八幡大神宮(不焼宮)


大阪市旭区清水に鎮座する八幡大神宮(はちまんだいじんぐう)です。別称、不焼宮(やけずのみや)とも呼ばれているようです。

旭区大宮に鎮座する大宮神社(おおみやじんじゃ)から来たのですが、大宮神社(おおみやじんじゃ)は七五三の準備でしょうか、マーキーテントが張られていてまともに写真が取れませんでしたので、千林商店街に妻が行ってみたいというので再訪する事にします。


八幡大神宮(はちまんだいじんぐう) 由緒

当神社の創立は、天智天皇の頃、現在地に宮寺があり、住民の藤原氏一族が祖神の春日大神を産土として奉祀していた。しかるに、足利時代に至り、今の守口市佐太本山来迎寺(らいごうじ)の開山の誠阿上人が、賊徒の手による火厄の災難から一命を助けられたことがあり、上人は報恩のため、自分の尊崇する男山八幡宮(おとこやまはちまんぐう)の分霊を此の神社に奉斎したのは本神社の八幡神である。

その後、村民が、悪疫退散の祈祷を誠阿上人にお願いし、霊験があったので、従来の春日大神(かすがおおかみ)を従神とし、八幡大神(はちまんおおかみ)を主神として今日に至っている.なお、前記除難の縁により、当神社を「やけずの宮」ともいい、境内に不焼稲荷社(やけずいなりじんじゃ)を奉祀する。』


戦争でやけの残ったから「不焼宮(やけずのみや)」と呼ぶのかと思ったのですが少し違うようです。

此の神社は主従が交代しているのが興味があります。

お払い箱にならなくて良かったというか、どういえば良いのでしょうか。結局、元は権力者が作ろうがその威光があろうが、氏神は地元の村民の意志により変わってしまうこともあるということですね。興味深い事実であると思います。

大阪市内でもこの辺りを訪れたのは初めてです。千林商店街を抜けてきたのですが、ダイエーの発祥の地のであることは良く聞いていましたが、結構、賑わっている商店街であると思いました。

それにしても、この神社の周囲の道は入り組んでいて昔からこの周囲には人が生活を営んでいたということが感じられます。

大阪府神社庁には旭区と都島区にはそれぞれ神社が3つしかないのですが、そんなものなんでしょうか。


関連情報レポートリンク

【大阪市旭区 神社一覧】