(話題、視点、論点)View halloo!!:狐狩りの時の「ほら出たぞー」という掛け声 【:2008年11月23日】







昨今のインターネット上のHTTPS接続の推奨等の動きは悪くないと思うのですが、不安を煽って必要のない閲覧のみのページも巻き込まれていくようです。

私も齢を重ねてまいりました。

寺社仏閣史跡等の訪問レポートを書き溜めているのですが、2022年まで溜まってしまいました。

この際、それまでに死亡すれば別ですが、2022年末をもってサイト閉鎖する決心を致しました。

ありがとうございました。


xHOTZONE Go to xDataBase viewhalloo Tips p2pzigzag p2pzigzag hrkz p2pzigzag Go to Home evtcal reporter2

大東市深野 両皇大神社


大東市深野に鎮座する両皇大神社(りょうこうたいじんじゃ)です。

公園の中に玉垣で囲まれた境内域があり、なんとお詣りで気なように門扉が閉まっています。

私には理由が理解できませんが、公園の中なので子供が入って遊ばないようにという配慮なのでしょうか。神様はそんなに心が狭くないと思うのですが、燈篭などは倒れる危険もありますので仕方がないのかもしれません。

この神社も由緒書きが見当たりません。

名前がえらく神々しいのですが、私には祀られている神も不明です。

ネットでは、河内国河内国讃良郡(ささらぐん)の「四條村大字深野字會所前トの割」に、両皇大神社があり、天照皇大神・豊受大神(とようけのおおみかみ)・菅原道真が祀られていると説明されています。

この神社の周辺は、旧大和川の付け替えで開拓された新田であるという情報もあります。

河内平野の新田開発地の深野新田といい、鴻池又右衛門(新十郎)が開いたと歴史に掲載されています。

この新田開発の記録は間違いないと思われますので、この神社の地域は河内平野の新田開発地の深野新田であると思います。

それにしても不思議な神社です。

かなり広い公園になっている場所自体が境内であるような気がします。地車(だんじり)の倉庫もありますし間違いないでしょう。倉庫の高さから、布団太鼓台とは考えられませんし、間違いないでしょう。

小さいから、大きいからという比較論は成立しないのが信仰ですのでこの際関係ないのですが、門扉が閉めてあるのが気になります。

横の川沿いに北へ行くと深北緑地があり、その手前の大東市深野北に深野北新田と呼ばれる地域があり、菅原神社(すがはらじんじゃ)が鎮座しています。

まさに新田開発の盛んな地であったことはいなめない事実でしょう。

すこし不思議なのが、落語の野崎観音詣りに出てくる野崎観音(のざきかんのん)(曹洞宗 福聚山慈眼寺(じがんじ))、南條神社(なんじょうじんじゃ)菅原神社(すがはらじんじゃ)とこの神社が接している寝屋川から上陸して詣ったのでしょうか。

それならば、なぜ淀川が舞台になっているのか少し不思議です。


P.S.

淀川で枚方経由で京都方面へ向かう船が、野崎観音詣での船筋であると思っていたのですが、如何やら寝屋川筋の船旅のようです。

住道駅付近にある住道浜を経由していたようです。

JRの野崎駅付近にまで船旅は可能であったようです。

実際に廻ってみると具体的な歴史的背景に接近できるようです。

実体験から得る知識に勝るものはないということでしょうか。


関連情報レポートリンク

【大東市 神社一覧】